あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

MicrosoftによるActivision Blizzardの買収に関して、最後の障壁となっていた英国競争・市場庁(CMA)は本日、この買収を承認したことを明らかにした。

CMAは2023年10月13日、この買収に関する英国政府の公式サイトのページを更新し、以下のように述べた:

Microsoft CorporationよるMicrosoftとActivisionの合併照会命令2023に基づくクローズへの同意の要請が認められた」

CMAは、Activision Blizzard, Inc.(Activision)(両社)が欧州経済領域(EEA)外におけるActivisionのクラウドストリーミング権を除く買収(本合併)を行うことについて、Activisionのクラウドストリーミング権の売却が本合併の完了前に完了することを条件として、Microsoft Corporation(Microsoft)に同意を与えることを決定した。以下に定めるとおり、この同意は、MicrosoftによるActivisionの全株式の取得(第一次合併案)を禁止するCMAの最終命令の結果として必要となるものだ。

Activisionも声明を出している:「CMAの正式な承認は、Microsoftとの将来にとって素晴らしいニュースであり、Xboxチームの一員となることを楽しみにしています。

Activisionは従業員へのメモの中で、買収を完了させることに “興奮 “していると述べている。

本日、英国の規制当局であるCMAは、Microsoftとの取引を承認しました。

これで、取引完了に必要なすべての規制当局の承認を得ることができ、世界中のさらに多くのプレイヤーに喜びとつながりを提供できることを楽しみにしています。

Brian Kelly取締役会長と私は、過去40年間にわたる皆さんの功績を大変誇りに思っています。私たちは、Microsoftとともに歩む次の章と、皆さんと選手たちのために生み出される無限の可能性に興奮しています。

また、MicrosoftのBrad Smith氏もコメントを寄せ、今回の買収が、完全クロージングに向けた最後の大きな規制上のハードルであることを改めて強調した。

CMAは以前、MicrosoftによるActivision Blizzardの買収を、Microsoftが超新興のクラウドゲーム市場で支配的になることへの懸念を理由に阻止していた。FTCがMicrosoftの買収を阻止できなかった米国での裁判の直後、CMAはXboxパブリッシャーとの交渉を再開し、最終的に再編成された取引に予備承認を与えた。

再編成された契約では、MicrosoftはActivision Blizzardのタイトルのクラウドゲーミング権をUbisoftに売却し、Ubisoftは、現在のActivision Blizzardのタイトルや今後15年間に登場する新作ゲームのクラウドゲーミング権を取得する。

Activision BlizzardのATVI株は、”重要なニュースが発表されるまで”昨日末時点でNASDAQでの取引も停止している。これが公式ニュースである。この買収は、米国ではFTCが差し止め請求を受理せず、欧州連合も今年初めにこの買収を全面的に承認しており、最後のハードルをクリアしている。

最終的な承認を得て、MicrosoftとActivision Blizzardは、契約締結に向けて既に動き出している事だろう。

現在のところ、この取引の期限は2023年10月18日までとなっており、この最後の規制当局の承認が下りたことで、すぐにでも最終的なニュースが届くと思われる。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする