あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

コーヒーは体重増加を防ぐのに役立つのか?

コーヒーが長期的な健康に良い影響を与えることはよく知られている。1日3~4杯分のインスタントコーヒーを飲むと、心臓病、2型糖尿病、一部のがんなど、多くの健康状態のリスクが低下する。

ほとんどの人は、加齢とともに毎年少しずつ体重が増えていく。しかし、コーヒーはこの緩やかな体重増加を防ぐのに役立つのだろうか?

研究者グループは、1日に1杯余分にコーヒーを飲むか、砂糖、クリーム、乳製品を含まない代替品を加えるかによって、コーヒーを余分に摂取しなかったった人よりも体重増加が多くなるか、それとも少なくなるかを調べた。

彼らの研究(現在プレプルーフ、つまり査読済みだが、最終的なフォーマットとコピー編集はまだ行われていない)は、コーヒーと体重増加の間に、予想よりも少ない緩やかな関連があることを発見した。

コーヒーを1日1杯余分に飲んだ人は、4年間で0.12kg体重が減少した。砂糖を加えると、4年間で予想よりわずかに(0.09kg)体重が増加した。

調査はどのように行われたのか?何を発見したのか?

1986年から2010年までと1991年から2015年までの2つのNurses’ Health Studyと1991年から2014年までのHealth Professional Follow-up Studyのデータを組み合わせて研究は行われた。

Nurses’ Health Studiesは、23万人以上が参加した最大規模のコホート研究であり、女性の慢性疾患リスクを調査している。Health Professional Follow-up Studyは、50,000人以上の男性医療専門家が参加し、食事と健康結果との関係を調査している。

この3つの研究の参加者は、ベースラインの質問票と4年ごとの質問票に記入し、飲食物の摂取量を評価した。研究者らは、これらのデータを統合し、4年ごとのコーヒー摂取量と自己申告体重の変化を分析した。

看護師の研究では4年間の平均体重増加は1.2kgと1.7kgであったが、医療従事者の研究では平均0.8kgであった。

coffee

研究者らは、無糖のカフェインレスコーヒーまたはカフェインレスコーヒーの摂取量を1日1杯増やすと、4年間の体重増加が予想より0.12kg減少することを発見した。

クリーマー(ミルク)や非乳製品の代替品を加えても、この体重変化に有意な影響はなかった。

しかし、コーヒーに砂糖(ティースプーン1杯)を加えると、4年間で予想より0.09kg体重が増加した。

これらの関連は、研究開始時の年齢が若く、肥満度の高い参加者ほど強かった。

この研究の長所と短所は?

この研究は2つの点でユニークである。サンプルサイズが非常に大きく、参加者を長年にわたって追跡したことである。このことは、関連性が本物であり、他の集団にも適用できる可能性が高いという確信につながる。

しかし、慎重であるべき3つの理由がある。

第一に、この結果は因果関係ではなく、関連性を示している。つまり、この研究はコーヒーの摂取が体重変化の真の理由であることを証明するものではない。むしろ、2つの変化が経時的に一緒に観察されたことを示している。

第二に、体重に関する知見は非常に控えめであった。コーヒー1杯を基準とした4年間の平均体重増加は0.12kgで、1年あたり約30gである。この量は、体重管理を考えているほとんどの人にとって意味のある変化ではないかもしれない。

最後に、この分析では、コーヒーに含まれるカフェイン量のばらつき(カフェイン量が多いことが分かっている)を考慮せず、1杯あたりのカフェイン量を標準と仮定している。

どうしてコーヒーが体重管理に役立つのか?

カフェインは天然の刺激物であり、一時的に食欲を減退させ、覚醒度を高めることが示されている。そのため、短期間空腹を感じにくくなり、エネルギー摂取量の減少につながる可能性がある。

より効果的な運動ができれば、より多くのエネルギーが消費されるかもしれません。しかし、その効果は長期的なものではなく、短期的なものであると考えられている。

espresso

カフェインは代謝を促進し、休息中により多くのエネルギーが消費されることも示されている。しかし、この効果は比較的小さく、定期的な運動と健康的な食事の代わりにはならない。

最後に、コーヒーには穏やかな利尿作用があり、一時的に水分が失われることがある。これは水分の減少であり、脂肪の減少ではない。

減量のためにコーヒーを試す価値はあるか?

体重を減らすことは様々な要因に影響されるので、この新しい研究で強調されたコーヒーと体重の関連性に熱中しすぎたり、コーヒーの摂取量を無理なレベルまで増やしたりしないこと。

ほとんどの成人は、1日に約400mgのカフェインを安全に摂取できる。これはエスプレッソ2杯分、インスタントコーヒー4杯分、紅茶8杯分に相当する。

妊娠中や授乳中の方は、カフェインの摂取量を増やす前に医師に相談することが大切だ。カフェインは成長期の赤ちゃんに移行する可能性があるからだ。

個別の体重指導が必要な場合は、かかりつけの医師に相談するか、認定栄養士に相談しよう。


本記事は、Lauren Ball氏とEmily Burch氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Can coffee help you avoid weight gain? Here’s what the science says」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする