安全性への懸念から英国でCBDの推奨用量が引き下げられる

The Conversation
投稿日 2023年10月21日 9:16
cbd oil

2018年に英国議会が大麻の非精神作用成分であるCBDを合法化する法案を可決して以来、CBD関連製品の売上が急増している。今日、CBDオイル、CBDベイプペン、CBDコーヒー、CBDコーヒーに合うCBDマフィン……CBDのすべてが買える。そしてこれらの製品は、健康増進という様々な漠然とした約束とともに売られていることが多い。

CBDは医薬品ではないため、英国の医薬品規制機関ではなく、食品基準庁(FSA)によって規制されている。2020年、FSAはCBDの1日の摂取量が70mgを超えないよう勧告した。現在、FSAと食品基準スコットランドは、この制限を10mg-およそ4滴の5%CBDオイル-に引き下げた

明確にして置くが、推奨される安全限界は 10mgだ。1日に10mg以上摂取しても逮捕されることはないが、アドバイスを無視した場合、長期的な健康への影響、つまり肝臓や甲状腺への害があるかもしれないと、FSAは警告している。

CBDの効果は、統合失調症から不安症まで、さまざまな病気でテストされているが、結果はまちまちだ。効果が明らかになった場合、それは通常、かなり高用量であり、これまで推奨されてきた最大摂取量の約5倍である。

新しい推奨量10mgの上限は、この量での薬の有効性とは何の関係もない。今回の推奨量の引き下げは、CBDが以前考えられていたほど無害ではない可能性がいくつかの研究で指摘されたことを受けてのことだ。

ある物質がどの程度有害なのか、つまり人間が一定時間内に摂取できる安全な最高量はどの程度なのかを決定するために、科学者たちはその物質を動物実験し、「補正レベル」を適用する。

例えば、ラットを使った研究で、体重1kgあたり100mgの摂取が、害が観察されない最高摂取量と言われている場合、体重70kgの人間なら1日7gの摂取ということになる。

しかし、種によって代謝に違いがあり、ヒトの方が害を受けやすい可能性がある。

誤って摂取量を増やす

グレープフルーツ、ブロッコリー、よく焼いたステーキなど、一見無害に見える食品が、ある種の薬物の代謝を阻害する可能性があることは注目に値する。広く処方されている抗生物質であるリファンピシンがCBDの代謝を阻害することはすでに知られている。その他の薬物についても、相互作用の可能性を注意深く監視する必要がある。

また、CBDをケトコナゾール(真菌感染症を抑える薬)のような他の薬と一緒に服用すると、高用量になりすぎる危険性が高まりますし、CBDを脂肪分の多い食べ物と一緒に服用すると吸収率が高まることさえある。そのため、医薬品の安全性に関する専門家たちは、以前に算出された値に400倍の補正係数を適用することも珍しくない。そうすると、許容摂取量は1日7gからわずか17.5mgに下がることになる。

同様の値を示したCBDのいくつかの動物実験と補正係数を用いて、慎重な側に立ち、新しい推奨レベルが最近公表された。それが公的機関の仕事である。可能な限り最良の証拠に基づいて、ある成分がその役割を果たし、その際に害を及ぼさないかどうかを示すのである。

FSAの最近の発表が禁止ではないことを強調することは重要である。CBDを配合した飲料を購入することは可能だ。しかし、新商品はこれまで通りFSAの認可を受ける必要があり、この新制限ではそれが難しくなる可能性がある。安全性の確保、特に見返りがほとんどないと思われる物質の安全性の確保は、当然ながらFSAの最優先事項である。


本記事は、Julio de Carvalho Ponce氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「CBD: why recommended daily dose was lowered from 70mg to 10mg by food regulator」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • flood
    次の記事

    NASAの新たな観測結果が今年のエルニーニョと過去の劇的なエルニーニョとの違いを明らかにする

    2023年10月21日 15:38
  • 前の記事

    Samsung、次世代AIアプリケーション向けHBM3E「Shinebolt」メモリを発表

    2023年10月21日 9:10
    Memory Tech Day PR main2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事