あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

大画面テレビにサウンドバーを組み合わせる事は珍しいことではないが、PCゲームにおいてサウンドバーを用いるというのはあまり聞いたことがない。1人で楽しむことが多いPCゲームでは、大体が、ヘッドホンだったり、2対のスピーカーを組み合わせる事が多いのではないだろうか。だが、Razerはそこに風穴を開けるつもりのようだ。今回同社がCES 2023にて発表した「Leviathan V2 Pro」サウンドバーは、驚くべき技術でスピーカーとヘッドホンの両方の利点をユーザーにもたらそうとしている。

AI Head Tracking
(Credit: Razer)

THXおよびAudioscenicとの提携で作られたLeviathan V2 Proは、ビームフォーミングサラウンドサウンドとヘッドトラッキングAI技術を組み合わせることで、ユーザーを「3Dオーディオ」で包み込むことができるとのことだ。内蔵の赤外線カメラでユーザーの位置を検出し、サウンドバーがリアルタイムでリスナーの位置にオーディオビームを適応させて音を最適化するのだ。

Leviathan V2 Pro 2023 SG 6
(Credit: Razer)

3Dオーディオ機能には、2つのモードが用意されている。THX Spatial Audio Virtual Headset は、ヘッドセットでよく見られる位置情報を模倣したステレオコンテンツ用で、THX Spatial Audio Virtual Speakers は、ホームシアター・システムのように部屋を満たすマルチチャンネル・オーディオ用となる。

FireShot Capture 032 Beamforming Soundbar with Head Tracking AI Razer Leviathan V2 Pro www.razer .com
(Credit: Razer)

また、Razer Leviathan V2 Proには低音を強化するためのサブウーファーが搭載されている。背面には、サブウーファー専用の3.5mm入力と、ヘッドフォン用の2つ目の3.5mmポート、電源アダプターポート、PCに接続するためのUSB-Cポート1個が並んで配置されている。また、Bluetooth 5.0での接続にも対応している。ただし、残念なことにHDMI入力とHDMI出力/ARCポートは備えていない。

価格は399.99ドルとのことだが、日本での発売はまだ未定だ。


Source

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする