あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

HTC、「Vive XR Elite」ヘッドセットを発表 – Meta Quest Proより安価なライバルの登場

HTCは、CES 2023において新たなヘッドセット「Vive XR Elite」を発表した。

この新たなヘッドセットは、仮想現実(VR)複合現実(MR)の両方を念頭に置いて設計されている。

Vive XR Eliteは、リフレッシュレート90Hzの4Kディスプレイと110度の視野角(FOV)を持つ。広視野角カメラを4台搭載し、外部センサーなしでインサイドアウトの空間トラッキングが可能だ。また、製品には2つのワイヤレスコントローラーが同梱され、ハンドトラッキングに対応している。さらに、フルカラーRGBカメラにより、仮想体験と実世界の環境を融合させるパススルーMRが可能だ。

HTCによると、XR Eliteは指向性のある音声に対応した大型スピーカーを搭載している。さらに、ヘッドセットのレンズには、視力に合わせて調整できるダイヤルがついており、視覚に障害のある人は、プレイ前にメガネを外すことができる。また、HTCによれば、バッテリーを取り外し、ヘッドセットにテンプルパッドを装着して、普通のメガネのようにかけることができるそうとのことだ。

VIVE XR Elite full kit reverse angle
(Credit: HTC)

機能面だけ見ると、Metaのフラッグシップヘッドセット「Quest Pro」と競合しそうだが、226,800円だったMeta製品と比べると価格は大幅に安価で、179,000円(税込み)だ。

ただし、MetaのQuestが抱える膨大なVRライブラリと比較して、HTCはコンテンツ面で大幅に劣っている。

これらコンテンツのギャップの一部は、PCのサポートで埋めるようだ。XR EliteはワイヤレスまたはUSB-CケーブルでPCと接続し、SteamやViveportのPCVRゲームをプレイすることができる。また、対応するAndroid携帯からヘッドセットにコンテンツをストリーミングして、バーチャルな大画面に動画を表示することもできまる。Bluetoothコントローラーを接続して、ゲームパッドに適したスマホゲームをプレイすることも可能とのことだ。

HTCによると、今後100のゲームと体験が登場する予定だ。Demeo、Hubris、Yuki、Maestro、Les Mills Body Combat、FigminXR、Unplugged、Finger Gunなどの発売タイトルがリストアップされている。同社によると、『Everslaught:Invasion』とMRゲーム『Eggscape』は年内に発売される予定だ。

Vive XR Eliteは、本日からVive.comで予約受付開始。2023年2月下旬発送開始。

2023年1月6日17時修正:日本での情報公開に伴い、リンク。価格情報を更新


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする