あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Dick Coffeeは、アラバマ大学のフットボールゲームを781試合連続で観戦。Meg Rohは、病気、嵐、日暮れを乗り越えて、7年間毎日サーフィンを続けた。Jon Sutherlandは52年以上、毎日1マイル以上走った。

継続的な活動には行動を強制する力があり、マーケティング担当者はこれに注目している。マーケティング研究者のJackie SilvermanAlixandra Baraschは最近、Snapchat、Candy Crush Saga、Wordle、Duolingo言語学習プラットフォームなど、ユーザーがタスクを完了した連続日数を追跡することで連続記録(ストリーク)をアーキテクチャに組み込んだアプリの101のユニークな事例を記録した。ストリークの追跡だけに特化したアプリさえある。

ストリークの何がこれほどまでに人々を惹きつけるのか?私は消費者行動と意思決定に興味がある。ストリークとその動機づけの影響力についての洞察を得るために、私はこの現象に関する研究を行い、最近『Journal of the Academy of Marketing Science』に発表した。

ストリークとは何か?

ストリークとは何かについて一般的に受け入れられている定義はないため、私はまずこの現象を定義することから始めた。ストリークを維持している人々からの意見や、一般的なメディアでストリークがどのように表現されているかに基づき、私はストリークには4つの基本的な特徴があることを示唆した。

第一に、ストリークは不変のパフォーマンスと時間的パラメーターを必要とする。言い換えれば、ストリーカーや他者によって確立されたルールが、その活動を成功させることの意味と、そのためのスケジュールを定義する。例えば、毎日50回の腕立て伏せをする。

第二に、ストリークの保持者は、アクティビティを完了することを自分の決意のおかげと考える。

第三に、ストリークとは、ストリークを維持している人が中断されないと考える、同じ完了した活動の連続である。

第四に、ストリーカーは一連の継続時間を数値化する。例えば、ストリーク保持者は、何日間連続して自転車でオフィスに出勤したかを正確に伝えたり、ストリークが始まった正確な日付を伝えたりすることができる。

この定義により、ストリークとラッキーストリークは区別される。アクティビティストリークとは異なり、ウィニングストリークは他者(対戦相手)の成績に左右されるのに対し、ラッキーストリークはストリークを実行している人のコントロール下にない結果を伴う。

私の定義では、ストリークは知覚的なものであることも強調している。ある活動を客観的に途切れることなく続けている人の中には、それをストリークとは思わない人もいるかもしれない。また、機会があるたびにその活動を完遂していない人は、自分にはストリークがあると考えるかもしれない。

ストリークなのか、習慣なのか、コレクションなのか?

人はしばしば行動パターン、つまりある状況において繰り返し行動する方法をとる。ストリークはパターン化された行動の一形態だが、他にもある。たいていの人には習慣があり、それは反射的で文脈によって引き起こされる。例えば、多くの人は車に乗ると無意識にシートベルトを締める。

このような自動的な側面が、習慣を筋とは異なるものにしている。習慣の場合、様々な状況や文脈の中でその行動を完遂するための戦略が必要とされることが多い。例えば、毎日最低1マイルを走るという習慣を持つ人は、時差のある移動中にランニングの計画を入念に立てる必要があるかもしれない。

習慣を身につけることは、考えることを最小限に抑えられるので魅力的かもしれないが、私は、行動を完了する方法を見つけるという挑戦が、多くのストリーク保持者のモチベーションを高めることを発見した。

習慣化された行動をたまに実行できなくても、その人が将来その行動を実行する可能性にはほとんど影響しない。逆に、ストリークの一部である行動を実行できなかった場合、ストリークは終了する。

人によっては、ストリークが終了することで、将来その行動をしなくなる:「連チャンは終わった。もう終わったことだ」。また、決意を新たにする人もいる:「連チャンは終わった。できるだけ早く次のストリークを始めなければならない」。

コレクションを作ることも、パターン化された行動の一種である。コレクションは通常、共通の意味によってつながった異質なものを含む。例えば、Jay Lenoはアンティークカーやエキゾチックカーのコレクションで知られている。しかし、ストリークとは異なり、コレクションは機会があるたびに誰かが追加しなければ終わらない。私は、経験や物語のコレクションは、しばしばストリークを維持するための副産物であることを発見した。

なぜストリークは行動の動機付けになるのか?

行動のさまざまな心理的原動力を利用することで、連勝記録はいくつかの方法で人々をやる気にさせることができる。

一般的に、ストリークは下位の目標(個々の活動を完遂する)に上位の目標(ストリークの継続)を加える。また、ストリークは活動に構造を与え、構造は思考や意思決定を単純化する。目標達成や仕組みがあなたにとってどの程度重要であるかは、連勝記録へのコミットメントに影響するだろう。

また、ストリークの構成方法も、ストリークへのコミットメントに影響することがわかった。例えば、毎日少なくとも20分瞑想するというストリークは、毎週少なくとも140分瞑想するというストリークよりも魅力的で、より多くのコミットメントにつながるかもしれない。瞑想の量はどちらの場合も同じだが、毎日続けることで構造ができ、意思決定が簡単になり、定期的に有益な行動に取り組むようになる。

ストリークは、ルールを作り結果を数値化することで、根本的な活動をゲーム化する役割を果たす。

最後に、自分のアイデンティティと関連性の高い活動は、ストリークへのコミットメントを生みやすいことがわかった。宗教的なアイデンティティの持ち主であれば、毎日祈り続けることは、毎日Wordleをプレイすることよりも魅力的かもしれない。

筋トレは行動を強制することができるが、すべての状況においてすべての人のやる気を引き出すわけではない。逆効果になることさえある。ある元連続記録ランナーのコメントにあるように、ストリークを負うことを懸念して、連戦を敬遠する人もいる:「このままでは、ストリークは私の人生、旅行、そして周囲の人々を支配する “もの”になりかねないと気づいたのです」。

AdobeStock 573572441
Man jumping on sunset sky with birds flying at top of mountain and number 2024 abstract background. Happy new year and holiday concept. Vintage tone filter effect color style.

ストリークと新年

暦が新しい年に変わると、多くの人が精神的または肉体的な健康を促進する自己改善行動に取り組むことを決意する。人々はしばしば1月1日や、祝日、誕生日、注目すべき出来事の記念日などの重要な日にストリークを始める。そのような時間的なランドマークは、ストリークに意味と構造を加え、「新たなスタート効果」を生み出す。

新年の抱負を立てる人は多いが、それを完遂する人はごく一部にすぎない。私の研究によると、決意を連勝のように構成することで、新年からさらに、そしてもしかしたらそれ以降も、決意を貫くために必要な後押しになる人もいるかもしれない。


本記事は、Danny Weathers氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Keeping a streak alive can be strong motivation to stick with a chosen activity」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする