がんになる若者が増え続けている事が新たな研究から判明

masapoco
投稿日
2023年8月17日 15:04
mri image

年齢を重ねる毎に、身体の衰えに加え、様々な疾患リスクが高くなってくることを肌で感じるが、若い頃には想像もしなかった“がん”のリスクも意識をし始めるのも、丁度中年期にさしかかった頃ではないだろうか。

だが、最近の研究で明らかになった若年成人のがん発生率の増加は、疫学者たちにとって大きな謎を投げかけている。

昨年、30年にわたる世界的ながんデータのレビューが行われ、1990年代以降、高齢者のがんは減少している一方、50歳未満のがんは全体的にわずかに増加しており、特に30歳から39歳のがんが最も増加していることが示された。

この研究に関与していないニューヨーク大学ランゴン校パルマター癌センターの消化器腫瘍学プログラム責任者であるPaul Oberstein氏は「このような人々は、がん研究においてあまり注目されてこなかったが、その数はますます増えています。なぜこのようなことが起こっているのかを理解するために、より多くの研究を行うことが重要です」と、Washington Post紙に述べている。

シンガポール国立大学の医師科学者であるBenjamin Koh氏と同僚たちは、最近、特に米国で何が起きているのかを理解しようと考えた。彼らの新しい分析結果は、海外で見られる変化と呼応している。

研究によると、若年成人のがんは、高齢者の同じ臓器に影響を及ぼす種類のがんとは異なっており、その違いは治療法にも影響を及ぼすため、どのがんが誰にどのように影響を及ぼしているのかを理解する必要がある。

世界的な傾向とは別に、特定の集団に関するデータは、公衆衛生政策や研究資金の優先順位に情報を提供するのに有用である。全体として、遺伝子の突然変異が積み重なる病気である癌の最大の危険因子は依然として年齢である。

しかし今、若い年齢層で何かが起こっている。

多くの国、特にアメリカにおいて、若年成人のがん発生率の上昇は、食生活、ライフスタイル、睡眠パターンの変化、肥満の増加、抗生物質の使用、大気汚染など、さまざまな要因によるものである可能性がある。

傾向の解明は、がん検診プログラムによってより多くのがんが、できればより早期に発見されている一方で、ワクチン接種プログラムによってがんも予防されているという事実によって複雑になっている。

しかし、2022年の国際的なレビューによれば、早期発症がんの増加は、検診プログラムの増加以上に現れている。

この新しい研究では、これらのプログラムの影響は考慮されていないが、既存のデータソースを精査することで、米国における2010年から2019年までの50歳未満のがん罹患率の包括的で最新の概要を提供した。

Koh氏らは、米国のさまざまな地域で新たながん診断を記録している17のリンクデータ登録から、合計562,145人の若年成人を特定し、これらの記録を用いて2019年までの10年間における集団全体の罹患率を推定した。罹患率とは、ある期間に集団で新たに診断された症例のことである。

全体として、50歳未満のがんの罹患率は上昇し、2010年と比較して2019年には人口10万人当たり3人の追加症例が診断された。

特定の年齢層と異なるがん種の罹患率を見ることで、より明らかになり、がん負担の増加に寄与している可能性のある根本的な危険因子を示唆する。

「消化器がんは、すべての早期発症がんの中で最も急速に罹患率が上昇していました」とKoh氏らは発表された論文に記している。

これには、2019年の若年成人の消化器がんで最も多い腸がんや、虫垂がん、胆管がん、膵臓がんなどが含まれ、これらのがんの罹患率は調査した10年間で急増していた。

30歳から39歳の働き盛りだと思われる人々も、実はがんに罹患するケースが増えている。高齢者のがん罹患率が横ばいか減少しているときに、この年齢層ではがんの罹患率が上昇しているのだ。

なぜ若年層でがんが増加しているのか、明確な説明はないが、専門家によれば、この傾向の背景には、肥満率の上昇や、飲酒、喫煙、睡眠不足、座りっぱなしなどの生活習慣の要因がいくつか考えられるという。汚染物質や発がん性化学物質への暴露などの環境要因も、可能性として考えられる。

また、特に消化器がんの罹患率が上昇している事には注目すべきかも知れない。このような消化器がんの負担増は、2022年の国際的レビューオーストラリアからの最近のデータ、および複数の大陸にまたがる他の研究の結果を反映している。超加工食品の多い食生活が関係しているかもしれない。

もちろん、この種の研究は利用可能なデータと同程度のものでしかないため、結果は全体像を描き出していないかもしれない。

「黒人のような十分なサービスを受けていない集団では、過少報告や過少診断があった可能性があります。したがって、これらの結果は慎重に解釈する必要があります」とKoh氏らは結論付けている。


論文

参考文献

研究の要旨

重要性

50歳未満で診断されるがんと定義される早期発症がんの罹患率が増加していることを示唆する新たなデータが出ているが、最新のデータは限られている。

目的

2010年から2019年までの米国における早期発症癌の発生率のパターンを特徴付け、発生率が最も急増している癌に関する詳細なデータを提供する。

デザイン、設定、参加者

この集団ベースのコホート研究では、2010年1月1日から2019年12月31日までの17の米国国立がん研究所Surveillance, Epidemiology, and End Results登録のデータを分析した。早期発症がんについて、人口10万人当たりの年齢標準化罹患率を抽出し、その率を米国の標準人口に年齢調整した。2010年から2019年の間に早期発症がんに罹患した患者計562 145人を同定し、組み入れた。2022年10月16日から2023年5月23日までのデータを解析した。

主な転帰と測定法

主な転帰は、50歳未満のがん患者の罹患率と記述疫学データであった。年齢標準化罹患率の年間変化率(APC)はJoinpoint回帰プログラムを用いて推定した。

結果

早期発症がん患者562 145人(40~49歳324 138人[57.7%];女性351 120人[62.5%])のうち、4565人(0.8%)がアメリカ・インディアンまたはアラスカ先住民、54 876人(9.8%)がアジア系または太平洋諸島系、61 048人(10.9%)が黒人、118 099人(21.0%)がヒスパニック系、314 610人(56.0%)が白人、8947人(1.6%)が人種および/または民族不明であった。2010年から2019年にかけて、早期発症がんの年齢標準化罹患率は、全体では増加し(APC、0.28%;95%CI、0.09%~0.47%;P=0.01)、女性では増加したが(APC、0.67%;95%CI、0.39%~0.94%;P=0.001)、男性では減少した(APC、-0.37%;95%CI、-0.51%~-0.22%;P<0.001)。対照的に、50歳以上のがんの年齢標準化罹患率は、調査期間中に減少した(APC、-0.87%;95%CI、-1.06%~-0.67%;P<0.001)。2019年、早期発症がんの罹患数が最も多かったのは乳房であった(n=12 649)。2010年から2019年にかけて、消化器がんはすべての早期発症がん群の中で最も急速に罹患率が上昇した(APC、2.16%;95%CI、1.66%~2.67%;P<0.001)。消化管がんのうち、発生率が最も急上昇したのは虫垂(APC、15.61%;95%CI、9.21%-22.38%;P<0.001)、肝内胆管(APC、8.12%;95%CI、4.94%-11.39%;P<0.001)、膵臓(APC、2.53%;95%CI、1.69%-3.38%;P<0.001)であった。

結論と関連性

このコホート研究において、早期発症がんの罹患率は2010年から2019年にかけて増加した。乳癌の罹患数が最も多かったが、消化器癌の罹患率はすべての早期発症癌の中で最も急速に増加していた。これらのデータは、サーベイランス戦略および資金調達の優先順位の策定に有用であろう。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • nvidia gh200 grace hopper superchip platform
    次の記事

    NVIDIAは2023年に55万台のH100 GPUの出荷を見込んでいる

    2023年8月17日 15:30
  • 前の記事

    GM、安価なEV製造に繋がるAIを用いたバッテリー開発企業に投資

    2023年8月17日 12:55
    ultium battery
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • oura ring

    スマートリングの超精密動作トラッキングがウェアラブル技術を次のレベルに押し上げる

  • 59349164314eea1e41dc441183b8ca5a

    AIの過剰な水消費は環境への貢献を帳消しにするかも知れない

  • floods

    Google、AIを用いて最大7日前に洪水を予測することに成功

  • stress face

    154件の研究から、怒りを抑えるには、“感情を爆発させるよりも冷静になる”方が効果的であるかが明らかになった

  • laziness office work

    座りっぱなしは健康に悪く、運動しても有害な影響を相殺することはできないらしい

今読まれている記事