あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Cochraneによる大規模な調査の結果、最も禁煙にとって有効性があると認められた3つの方法が明らかになった。禁煙補助薬「バレニクリン」と「シチシン」、そしてニコチン入り電子タバコである。

これは、『Cochrane Database of Systematic Reviews』から導き出されたもので、エビデンスレベルとしては最も高く、最も信頼性の高い結論と言えるだろう。

合計157,179人の喫煙者が、少なくとも6ヵ月間の禁煙成功を追跡した319のランダム化比較試験(RCT)の分析対象となった。

たばこの主な中毒成分であるニコチンは、最も広く使用されている物質のひとつであり、脳を強力に支配する中毒性においても第3位である。禁煙に成功する可能性は、援助がなければ100人に6人程度であるというデータもがある。禁煙では、このニコチンへの依存をいかに減らしていくかが重要となる。

バレニクリンとシチシンは、脳のニコチン受容体(ニコチンによって活性化されるとドーパミンを放出する)を活性化し、ニコチンが受容体を活性化するのを防ぐことによって作用する。

禁煙効果については、シチシンとバレニクリン、ニコチン入り電子タバコの効果に有意差はなかった。調査結果によると、これらの方法を用いて禁煙を試みた喫煙者のうち、約14%が6ヶ月以上禁煙に成功するという。

次に効果的だったのは、ニコチンパッチとガムやトローチなど2種類のニコチン置換療法(NRT)を併用する方法だった。

「しかし、パッチやガムのような単一のNRTを単独で使用すると、さらなる禁煙者は少なかったのです。2種類のNRTを併用した場合、100人中12人程度が禁煙に成功するのに対し、1種類のみを使用した場合は100人中9人程度でした」とオックスフォード大学の医学者Nicola Lindson氏は言う。

また、徐々にニコチンを減らしていく方が、突然禁煙するよりもわずかに効果的である可能性がデータから示された。禁煙の前にニコチン治療を始めるか後に始めるか、また服用量は効果に影響しないようだ。

ブプロピオンという別の薬は、禁煙者の9%に有効性を示した。

安全性に関するデータでは、ブプロピオンは薬を使用しない場合に比べ、重篤な有害事象がごくわずかに増加する可能性があることがわかった。一般に、研究された治療法は安全であり、重篤な副作用はほとんどなかったが、著者らは、すべてのRCTが副作用に関するデータを含んでいるわけではないことを指摘している。

「禁煙補助薬と対照的介入を比較したすべての利用可能な臨床試験をプールすることは、禁煙に何が有効かを評価する上で本当に重要な方法です。このネットワーク・メタアナリシスによれば、電子タバコ、バレニクリン、シチシンはすべて効果的な禁煙補助剤である。これらの補助剤を使用して禁煙に成功した人の数は、対照条件に比べて2倍でした」と、英国イースト・アングリア大学の社会科学者Caitlin Notley氏は専門家の反応として述べている

著者らは、副作用や薬と行動サポートの最良の組み合わせという点で、より多くのデータがあれば助かるが、より多くのエビデンスが明確な結果を変えることはないと考えている。

大半の研究がそうであるように、ほとんどの研究は所得の高い国で行われたものであり、低所得国でのエビデンスは乏しい。研究チームは今後の研究で、社会経済的地位が禁煙にどのような影響を与えるかを調べることを期待している。

「禁煙は非常に難しい。禁煙を助ける製品はいくつかありますが、これらの方法の相対的な有効性は長い間不明でした」とLindson氏は言う。

「私たちの研究は禁煙の世界を深く掘り下げ…喫煙者、医療専門家、政策立案者に、情報に基づいた決定を下すための信頼できるデータを提供するものです」。


論文

参考文献

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする