ダイエットには食べる時間よりも量を制限する方が重要だ

masapoco
投稿日
2023年1月23日 11:12
colorful salad

断続的断食」と呼ばれるダイエット法がある。これは、1日のうちで、食事を摂る時間を制限する「断食」と呼ばれる食事制限の時間(一般的に16時間程度)を設け、それ以外の時間にのみ通常の食事をすることで、体重を減らし、病気のリスクを減らし、寿命を延ばすのに役立つとする考え方だ。

1つのダイエット方法として人気のものだが、1月18日付の「Journal of the American Heart Association」に掲載された新しい研究によると、食事をする時間そのものは減量に役立たないとの結論が提示されている。

研究は、ジョンズ・ホプキンス大学医学部の研究者らによって、成人547人に対して行われた。参加者は、この研究のために開発されたモバイルアプリを使って、食事、睡眠、起床のパターンを6カ月にわたって記録した。この詳細なデータによって、研究者は、起床から食事までの時間、その日の最初と最後の食事の間隔、最後の食事から睡眠までの時間について洞察を得た。結果、食事時間と体重の変化には関連性がないことが判明したのだ。

「我々の発見は、一般的な医療集団における長期的な体重減少のための戦略として、時間制限のある食事の使用を支持するものではなかった」と彼らは結論づけている。

CNNの取材に応じた研究責任者のWendy Bennett氏は、毎日の食事を小さなウィンドウに圧縮することが体重減少に関与していることを示すシグナルはデータにはなかったと述べている。

「私たちの研究を含め、他の研究に基づいて、我々は、一日の食事のタイミングがすぐに体重減少につながらない可能性が高いと考え始めています」とBennett氏は述べている。

「実験的研究では、時間制限のある食事は、概日リズムを改善し、代謝調節に役割を果たす可能性が示唆されているが、我々の研究では、体重の広い範囲の集団で関連を検出しなかった。重要なのは、1日あたりの食事回数が多く、量が多い食事と体重増加の間に関連が見られたことで、全体の総カロリー摂取量が体重増加の主要なドライバーであることを示しています。」 と、研究では述べられている。

イリノイ大学シカゴ校で断食を研究している栄養学研究者のChrista Varady氏は、この研究には参加していないが、「サンプル数が少ないこと、参加者が食事のサイズを大きいか小さいかで表現し、特定のカロリー数を記録しないことに依存していること、医師のオフィスで参加者の体重を測るのに別の体重計を使用したことなど、結果を曇らせるかもしれないいくつかの要因がある」と、Timeの取材に応じている。

ただし、Varady氏は、特定の時間にのみ食事をすることの有効性については疑問を呈している。それ自体が有効なのではなく、食事の時間を制限することで、結果的に食べる量を減らすことができれば、減量に役立つとVarady氏は述べている。

この全ては、もちろん、断続的断食戦略が誰かの体重減少に役立たないことを意味するものではない。しかし、ますます明らかになりつつあるのは、これらの食事戦略で時折見られる体重減少の効果は、主にカロリー摂取量の減少によってもたらされている可能性があるということだ。断食は確かにカロリー摂取量をコントロールするのに有効な方法だが、毎日6~8時間という短い時間で好きなだけ食べても体重が減るとは限らない可能性があると言うことだ。


論文

参考文献

研究の要旨

背景

我々は、臨床コホートの成人において、食事間隔と体重の推移の関連を評価することを目的とする。

方法と結果

本研究は、3つの医療システムから募集した成人を対象とした多施設共同前向きコホート研究である。6ヶ月の研究期間中、547人の参加者がモバイルアプリケーションをダウンロードし、少なくとも1日分の食事と睡眠のタイミングを記録するために使用した。ベースラインの10か月後まで、最大10年前の電子カルテから、外来受診ごとに体重と併存疾患に関する情報を入手した。体重の推移をモデル化するために混合線形回帰を使用した。平均年齢は51.1歳(SD 15.0),肥満度は30.8(SD 7.8)kg/m2で,77.9%が女性,77.5%が白人と回答した。最初の食事から最後の食事までの平均間隔は11.5(2.3)時間であり、体重変化との関連はなかった。1日の食事回数は体重変化と正の相関があった。1日の食事回数が1回増えることによる年間体重変化の平均差(95%CI)は0.28kg(0.02-0.53)であった。

結論

1日の食事回数は、6年間の体重変化と正の相関があった。我々の知見は、一般医療人における長期的な体重減少のための戦略としての時間制限食の使用を支持するものでなかった。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Apple Always On iPHone 14
    次の記事

    iPhone 15 Proモデルは、エッジのあるディスプレイを採用し「非常に美しい」デザインとなるとの噂

    2023年1月23日 11:39
  • 前の記事

    世界初の“3Dプリント”モスクが2025年ドバイに建設へ

    2023年1月23日 10:35
    Mosque 1
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • oura ring

    スマートリングの超精密動作トラッキングがウェアラブル技術を次のレベルに押し上げる

  • stress face

    154件の研究から、怒りを抑えるには、“感情を爆発させるよりも冷静になる”方が効果的であるかが明らかになった

  • laziness office work

    座りっぱなしは健康に悪く、運動しても有害な影響を相殺することはできないらしい

  • granola

    筋肉をつけたい?炭水化物がタンパク質と同じくらい重要な理由

  • broccoli

    ブロッコリーに含まれる天然成分が血栓の予防や治療に役立つ可能性が判明

今読まれている記事