IntelとTSMC、ドイツ予算が停滞し数十億ドルの資金難に陥る可能性

masapoco
投稿日 2023年11月23日 16:54
tsmc semiconductor fab14 production 1

ドイツの連邦憲法裁判所の判決を受けて、IntelとTSMCの東ドイツにあるチップ工場への補助金が議論の的となっている。この判決により、気候変動および変革基金(KTF)の資金調達に重大な影響が生じる可能性がある。

この問題は、ドイツの経済副大臣Michael Kellner氏によって明らかにされた。彼は、KTFからの資金提供がなければ、ドレスデンとマクデブルクにおけるチップ工場の設立や、東ドイツの太陽光産業の再建は保証されないと述べている。

自由民主党(FDP)の政治家Frank Schäfflerは、KTFの元々の経済計画に批判的で、合計150億ユーロに上るチップ補助金の計画を問題視している。彼は、これらの地域が経済的に支援される必要がある構造的に弱い地域ではないと主張し、地元の中小企業が不利になることを懸念している。

現在、ドイツ連邦政府はこの問題に対する解決策を見つけるための道筋を定めていない。連邦経済大臣Robert Habeck氏は、連邦憲法裁判所の決定により、2000億ユーロの経済安定化基金(WSF)も危険にさらされていると述べている。これにより、グリーン党のRicarda Lang氏は、投資を遅らせないためにもう一度債務ブレーキを停止することを求めている。

連邦財務省は、ほぼ全ての連邦予算を凍結し、省庁は財務大臣Christian Lindner氏に書面で資金を要求する必要がある。専門家は予算委員会と協議を行い、解決策を模索しているが、まだ明確な解決策は見つかっていない。

来週連邦議会で2024年の連邦予算を承認される予定であるが、KTFやIWFへの補助金が計画されていないため、数十億ユーロの穴が生じる可能性があり、TSMCとIntelの計画に影響を与える可能性がある。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • 48982bece9076618c5cbc10be9198f21
    次の記事

    増加するDIY糞便移植:SNSで拡散する”成功例”を受けて専門家が注意を呼びかけ

    2023年11月23日 17:19
  • 前の記事

    Xが再び共有された記事の見出し表示を行う事をMusk氏が発表

    2023年11月23日 16:06
    x twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事