血中カフェイン濃度が高いと体脂肪の増加と2型糖尿病のリスクが抑制される可能性が新たな研究から示唆される

masapoco
投稿日
2023年3月16日 6:18
espresso

血中カフェイン濃度が高いと、その人の体重や2型糖尿病リスクが低下する可能性がある事が、新たな研究から明らかになった。

『BMJ Medicine』に掲載された新たな研究「Appraisal of the causal effect of plasma caffeine on adiposity, type 2 diabetes, and cardiovascular disease: two sample mendelian randomisation study」では、血中カフェイン濃度が高いと、2型糖尿病、冠動脈疾患や脳卒中などの重大な心血管障害、さらに心不全や不整脈のリスクを抑制する効果が高まる結果が得られたことが報告されている。

研究者は、形質と結果の間の因果関係を調査するためのツールとして遺伝的変異を使用する、メンデルランダム化と呼ばれる統計的手法を使用した。

その結果、体重の減少が遺伝的に予測される血中カフェイン濃度(BMI)の上昇と関連していることが明らかになったのだ。また、2型糖尿病のリスクの低下も、遺伝的に予測される血中カフェイン濃度の高さと関連していた。

この結果は、カロリーオフのカフェイン入り飲料が肥満や2型糖尿病のリスク低減に役立つかを調査する価値があることを示唆している。

本研究の上席著者であり、インペリアル・カレッジ・ロンドン公衆衛生学部教授のDipender Gill,博士は、「今回の発見は、カフェインが脂肪率と糖尿病リスクに及ぼす潜在的な原因について、重要な洞察を与えるものです」と述べている。「しかし、人々がこれらの研究結果を食生活の選択に役立てるには、さらなる臨床研究が必要です」

このプロジェクトは、ブリストル大学、インペリアル・カレッジ・ロンドン、ロンドン大学衛生熱帯医学部、スウェーデンのウプサラ大学の研究者が共同で行いました。

先行研究によると、1日3~5杯のコーヒーは、2型糖尿病や心血管疾患のリスク低減につながるとされている。一般的なコーヒー1杯には、約70~150mgのカフェインが含まれている。

研究者らは、これまでに発表されたデータの大半は観察研究によるものであり、他の重要な要因が関与している可能性があるため、因果関係を決定的に証明することは困難であると指摘している。カフェインがもたらす特定の効果と、カフェインを含む食事や飲料に含まれる他の物質を分離することは非常に困難である。

研究グループは、メンデルランダム化を用いて、主にヨーロッパ系の祖先を持つ6つの長期研究参加者約1万人を対象に、CYP1A2遺伝子とAHR遺伝子の2つの共通遺伝子変異の役割を検討した。カフェインが体内で代謝される速度は、CYP1A2遺伝子とAHR遺伝子の影響を受けるとされている。

カフェインの代謝が速く、覚醒作用に必要な濃度を維持できる人に比べ、カフェインの代謝が遅い遺伝子を持つ人は、全体的にコーヒーを飲む量が少ないが、覚醒作用の血中濃度は高くなる傾向がある。

また、カフェインが2型糖尿病リスクに与えるあらゆる影響に対する、体重減少の併発の影響も研究者により検討された。その結果、カフェインが2型糖尿病リスクに及ぼす影響の43%が体重減少によってもたらされることが示された。

遺伝的に予測される血中カフェイン濃度は、研究対象である心血管疾患のいずれの転帰のリスクも有意に増加させることは確認されていない。

この研究が、たった2つの遺伝子変異を使用したこと、ヨーロッパの血を引く人だけを対象にしたことなどは、今回の調査結果における限界でもあると研究者らは認めている。

しかし、カフェインは代謝を高め、脂肪燃焼を促進し、食欲を減退させることが知られている、と説明されている。そして、1日100mgの摂取で、1日に約100キロカロリーのエネルギー消費が増加すると推定されており、結果的に肥満の発症リスクを低下させる可能性があるとしている。

カロリンスカ研究所環境医学研究所准教授で、論文の筆頭著者であるSusanna Larsson博士は、次のように述べている。「私たちのメンデルランダム化の発見は、カフェインが、少なくとも部分的に、コーヒー消費量と2型糖尿病リスクとの間の逆相関を説明するかもしれないことを示唆しています」


論文

参考文献

研究の要旨

目的

長期間の血漿カフェイン濃度が、脂肪率、2型糖尿病、主要な心血管疾患に及ぼす因果関係の可能性を調査すること。

デザイン

2標本メンデリアンランダム化試験。

設定

血漿中カフェインに関連する2つの一塩基多型(CYP1A2遺伝子近傍のrs2472297、AHR遺伝子近傍のrs4410790)のゲノムワイド有意水準での関連性とアウトカムとの関連性に関するゲノムワイド関連研究の概要データ。

参加者

主に、ゲノムワイド関連研究コンソーシアムに参加しているコホートに参加しているヨーロッパ系の個人。

主要評価項目

調査したアウトカムは、体格指数、全身脂肪量、全身無脂肪量、2型糖尿病、虚血性心疾患、心房細動、心不全、脳卒中。

結果

遺伝学的に予測される血漿カフェイン濃度が高いほど、体格指数の低下(β-0.08標準偏差(SD)(95%信頼区間-0.10~-0.06)、ここで1SDは約4.血漿カフェインが1標準偏差増加するごとに、体格指数が8kg/m2増加する)および全身脂肪量(β-0.06 SD(-0.08~-0.04),1 SDは約9.5 kg,P<0.001)には関連したが、無脂肪量(β-0.01 SD(-0.02~-0.00),1 SD は約 11.5 kg,P=0.17) には関連がなかった。遺伝学的に予測される血漿カフェイン濃度が高いほど、2つのコンソーシアム(FinnGenおよびDIAMANTE)において2型糖尿病のリスクが低く、合計オッズ比は0.81((95%信頼区間0.74~0.89)、P<0.001)であった。カフェインの2型糖尿病に対する効果の約半分(43%;95%信頼区間30~61%)は、肥満度の減少を介するものと推定された。遺伝的に予測される血漿カフェイン濃度と調査した心血管疾患のリスクとの間に強い関連は報告されなかった。

結論

血漿中のカフェイン濃度が高いと、脂肪率が低下し、2型糖尿病のリスクが低下する可能性がある。これらの知見が代謝性疾患の負担軽減につながる可能性を検討するために、さらなる臨床研究が必要である。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • bing chatgpt 1920x1080 Hero
    次の記事

    Bingチャットが開放され、誰でも試せるようになった

    2023年3月16日 6:46
  • 前の記事

    Sony、撮影者の網膜に映像を映し出すカメラシステムでロービジョン者の写真撮影を支援

    2023年3月16日 5:38
    neoviewer 3
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • oura ring

    スマートリングの超精密動作トラッキングがウェアラブル技術を次のレベルに押し上げる

  • stress face

    154件の研究から、怒りを抑えるには、“感情を爆発させるよりも冷静になる”方が効果的であるかが明らかになった

  • laziness office work

    座りっぱなしは健康に悪く、運動しても有害な影響を相殺することはできないらしい

  • granola

    筋肉をつけたい?炭水化物がタンパク質と同じくらい重要な理由

  • broccoli

    ブロッコリーに含まれる天然成分が血栓の予防や治療に役立つ可能性が判明

今読まれている記事