あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Bingチャットが開放され、誰でも試せるようになった

Microsoftは、Bingチャットのウェイティングリストを削除して、サインアップすれば誰でもBingチャットが利用可能になった可能性が報告されている。Windows CentralやXDA Developersなどのサイトでは、Bingチャットのページにサインアップしに行くと、もう待ち時間がないことが報告されている。

この状況に関するThe Vergeの質問に対して、コミュニケーションディレクターのCaitlin Roulston氏は「このプレビュー期間中、我々は様々なテストを実施しており、一部のユーザーには新しいBingへのアクセスが加速されるかもしれません。引き続きプレビュー期間中ですので、Bing.comでサインアップしてください。」とコメントしている。

実際に、TEXALでも、最近までウェイティング中だった所持しているアカウント2つからのアクセスが可能になったことを確認出来ている。

この報告が事実ならば、それはMicrosoftが現在のBingチャットに十分な自信を持っていて、ほとんどの人にAIチャットボットを試させていることを示す兆候かも知れない。 Bingチャットが1ヶ月以上前に初めて起動したとき、いくつか問題が報告された。そのため、Microsoftはいくつかの厳しいチャットターンの制限を設けることを余儀なくされた。

しかし、先日には、Microsoftは、チャットのターン制限を1日150ターン、1セッション15ターンに拡大するなど、改善の兆しが見られる。また、トーンセレクターのような新機能も追加され、Bingが問い合わせにどのように応答するかを選択する事も出来る。また、Bingが新しいGPT-4を使用していることも、GPT-4がより優れていることが知られているため、今回の解放の要因のひとつである可能性がある。全体として、BingチャットはMicrosoftが期待したとおりの反応を示しているのだろう。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする