野菜嫌いを克服する方法を専門家が解説

The Conversation
投稿日
2023年12月31日 13:54
AdobeStock 224312937

サラダは嫌いだろうか?世の中にはたくさんの食べ物があり、いろいろな調理法がある。

しかし、私たちのほとんど(81%)が、野菜をたくさん食べることが健康増進の簡単な方法だと知っているにもかかわらず、十分な量の野菜を食べていないことを考えると、試してみたくなるかもしれない。

もしこの考えがあなたを惨めな気持ちにさせるのなら、恐れることはない。時間と少しの努力さえあれば、サラダと友達になれるのだ。

なぜ私はサラダが嫌いなのか?

野菜は私たちにとってとても良いものなのに、すべての人がすぐにおいしいと感じるわけではないというのは、進化の不幸なクセだ。私たちは、長期的な健康よりも飢餓状態の方が目先のリスクとなるため、高エネルギー食品の甘味やうま味を楽しむように進化してきた。

野菜は特にエネルギーが高いわけではないが、食物繊維、ビタミン、ミネラル、そしてバイオアクティブと呼ばれる健康促進成分がぎっしり詰まっている。

野菜が苦味を感じるのは、こうした生理活性物質のせいでもある。植物生理活性物質は植物栄養素とも呼ばれ、植物が環境ストレスや外敵から身を守るために作り出す。植物性食品を苦くするものこそ、私たちにとって良いものなのだ。

残念なことに、苦味は私たちを毒物から守るために進化したものであり、一つの植物性食品の食べ過ぎから身を守るために進化したものでもある。ある意味、植物性食品は毒のような味がするのだ。

この苦い感覚を特に強く感じる人もいれば、それほどでもない人もいる。これは遺伝子のせいでもある。人間には苦味を感知する受容体が少なくとも25種類あり、それぞれの遺伝子の組み合わせがある。そのため、ある人は本当に、本当に苦い化合物の味を感じるが、別の人はほとんど感じない。

つまり、サラダや野菜と接するときのスタート地点は皆同じではないのだ。だから、自分自身に忍耐強くなることだ。しかし、サラダや野菜が好きになるためのステップは、スタート地点に関係なく同じである。

時間がかかる

遺伝子や受容体だけで味覚が決まるわけではないので、私たちは味覚を訓練することができる。苦い食べ物に繰り返し触れることで、時間をかけて順応することができる。繰り返し苦味に触れることで、私たちの脳は苦い野菜は陽性ではないと学習する。

また、食べるものを変えると、唾液中の酵素やその他のタンパク質も変化する。これによって、食べ物に含まれるさまざまな化合物がどのように分解され、味蕾によって感知されるかが変化する。具体的にどのように作用するかは明らかではないが、他の行動認知トレーニングと同様である。

マスキング食材を加える

良い知らせは、野菜の苦味を隠すためにたくさんの素晴らしい戦略を使えるということだ。

塩分や脂肪分は苦味を感じにくくする効果があるので、調味料やドレッシングを加えることで、サラダを瞬時においしくすることができる。「でも、塩分や脂質の摂取量を減らす必要があるのでは?」とお思いだろうが、野菜で塩分や脂質の摂取を控えようとするのではなく、ケーキやビスケット、ポテトチップス、デザートなど、控えめな食品に含まれる塩分や脂質の摂取量を減らすことで、より栄養価を高めることができるのだ。

唐辛子や胡椒で辛味を加えるのも、苦味を囮にする効果がある。サラダにフルーツを加えると、甘みとジューシーさが加わり、全体的な風味と食感のバランスが良くなり、楽しみが増える。

好きになってきた食べ物と、すでに好きな食べ物を組み合わせるのも効果的だ。

サラダの選択肢はほとんど無限にある。もし、あなたが育った頃の定番のガーデンサラダが好きでなくても、大丈夫。

食感を試す(例えば、野菜を小さく切ったり、もっちりさせたりする)ことも、自分の好きなサラダを見つけるのに役立つ。

偏見に挑戦する

自分の偏見に挑戦することも、サラダの状況を改善することができる。不健康なおいしさの直感」と呼ばれる現象は、私たちに、おいしい食べ物は体に良くない、健康的な食べ物は不味いと思い込ませる。その思い込みを振り払うことで、野菜をもっと楽しむことができる。

研究者たちが、野菜に味に焦点を当てたラベルを貼り、被験者に楽しい味を予感させたところ、いかに健康的であるかを告げられたときと比べ、野菜を楽しむ傾向が強まった。

結論

野菜は体に良いが、もっと食べようとするときには、忍耐強く、自分に優しくする必要がある。

生物学や脳に逆らわずに、それに働きかけるようにしよう。

そして、自分や他人がサラダを好まないからといって、それを批判するのは控えよう。私たちは皆、味覚トレーニングの旅路の異なる地点にいる。


本記事は、Emma Beckett氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Hate salad or veggies? Just keep eating them. Here’s how our tastebuds adapt to what we eat」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • openai
    次の記事

    OpenAI、2023年の売上高は16億ドルを超え、前年比57倍を記録

    2023年12月31日 15:21
  • 前の記事

    LG、“アートオブジェクトのような”4Kプロジェクター「CineBeam Qube」を発表

    2023年12月31日 11:44
    LG CineBeam Qube 1
この記事を書いた人
The Conversation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • oura ring

    スマートリングの超精密動作トラッキングがウェアラブル技術を次のレベルに押し上げる

  • stress face

    154件の研究から、怒りを抑えるには、“感情を爆発させるよりも冷静になる”方が効果的であるかが明らかになった

  • laziness office work

    座りっぱなしは健康に悪く、運動しても有害な影響を相殺することはできないらしい

  • granola

    筋肉をつけたい?炭水化物がタンパク質と同じくらい重要な理由

  • broccoli

    ブロッコリーに含まれる天然成分が血栓の予防や治療に役立つ可能性が判明

今読まれている記事