グルテンが脳の炎症を引き起こすことが初めて確認された

masapoco
投稿日 2023年8月10日 12:05
bread

オタゴ大学の研究者らは、小麦グルテンが与える障害を世界で初めて確認した。彼らの研究によれば、世界の約5%の人が、グルテンの摂取によって引き起こされるいくつかの障害に罹患している可能性がある。グルテンは、小麦、ライ麦、大麦などの穀物に含まれる主要な食物成分だ。

グルテン不耐性の症状には、腹痛、不安感、腹部膨満感、ガスの感じ、下痢などがある。そして今回、オタゴ大学の研究チームが、小麦グルテンが脳の炎症をも引き起こすことを発見したのだ。

脳の炎症とグルテンの関連

研究は動物モデルで行われた。研究チームは、これまでの研究で、グルテンがマウスのモデルで体重増加や神経系や消化管の炎症を促進することは証明されているが、グルテンが脳にどのような影響を与えるかについてはほとんどわかっていないと指摘した。

「マウスはヒトの生理学を研究するのに優れたモデルです。循環器系、生殖器系、消化器系、ホルモン系、神経系が非常によく似ています。ですから、マウスで発見されたのと同じ炎症がヒトでも起こる可能性は十分にあります」と、研究の筆頭著者であるAlex Tups氏は述べている。

マウスモデルでの実験

研究チームは、グルテンを4.5%添加した低脂肪食(LFD)と4.5%添加した高脂肪食(HFD)を雄マウスに与えた。その結果、グルテンを含まない低脂肪食を与えたマウスと比較して、マウスの体重、代謝マーカー、全身性炎症、中枢性炎症がどのように変化するかを調べた。

研究者らは、グルテンを添加したHFDは体重を増加させるが、カロリー摂取量やエネルギー消費量には影響を及ぼさないこと、またLFDに添加しても影響を及ぼさないことを明らかにした。

炎症に反応して上昇するC反応性タンパク質(血漿中のリング状タンパク質)は、グルテン強化LFDを与えたマウスで増加した。

「脳には、血液中のマクロファージに似た2種類の免疫細胞がある。これらはアストロサイトとミクログリアと呼ばれる。グルテンだけでなくHFDも、これらの免疫細胞の数を増加させることがわかりました。通常の食事にグルテンを加えると、マウスにHFDを与えた場合と同程度に細胞数が増加しました。HFDにグルテンを加えると、細胞数はさらに増加しました」とTups氏は付け加えた。

「もしグルテンがヒトの視床下部(基本的な代謝機能を調整するのに重要な脳の部位)の炎症を引き起こし、その結果脳にダメージを与えるのであれば、体重の増加や血糖値の調節障害など、長期的には悪い影響が出る可能性がある。このような影響が持続するようになると、血糖調節障害と関連した記憶機能障害などのリスクを悪化させるかもしれません」とTups氏は言う。

グルテンの摂取を止めるべきでない

研究チームは、なぜこのようなことが起こるのかはわからないとしながらも、この研究で得られた結論は、人々がグルテンの摂取を止めることを意味するものではないと注意を促している。

「グルテンがすべての人に悪いと言っているわけではありません。グルテンに耐性のある人が完全にグルテンを除去することは、潜在的な利点を上回る健康上の影響があるかもしれません。また、グルテンフリーの加工食品は、食物繊維が少なく、糖分が多いものが多い」と、Tups氏は説明する。

「我々は、マウスで得られた知見がヒトに応用できるかどうか、グルテンが誘発するアストロ・グリオーシスやミクログリオーシスがグルテン過敏症の人にも発症するかどうかを、今後の研究で明らかにする必要があります」。


論文

参考文献

研究の要旨

グルテンは、小麦、ライ麦、大麦などの穀類に含まれ、ほとんどの西洋諸国では主要な食事成分である。今回の研究では、グルテンが、食事誘発性肥満に典型的に関連する中枢性炎症に及ぼす影響を調べた。低脂肪食(LFD)にグルテンを添加した場合、グルテンの影響は認められなかったが、グルテンを添加した高脂肪食(HFD)を与えた雄マウスは、グルテンを添加していないHFDマウスに比べて、体重と脂肪率が増加した。さらに、グルテンをLFDに添加すると、循環C反応性タンパク質濃度が上昇することがわかった。グルテンは、LFDとHFDのどちらに添加しても、視床下部の弧状核に存在するミクログリアとアストロサイトの数を大幅に増加させた。このことは、イオン化カルシウム結合アダプター分子1(Iba-1)とグリア線維酸性タンパク質(GFAP)の免疫組織化学検査でそれぞれ検出された。LFDを与えたマウスでは、グルテンはHFD暴露の免疫原性効果を模倣し、HFDに加えると免疫反応細胞数がさらに増加した。以上の結果から、HFDに曝露したマウスにグルテンを摂取させた場合、グルテンの中程度の肥満促進作用が確認された。また、グルテンが視床下部傷害の発症を示唆するアストロ・グリオーシスとミクログリオーシスを誘発することが初めて報告された。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です