あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

元AMDのチップアーキテクト、Jim Keller氏が次世代CPU「Zen 5」の性能推定値を公開

かつてAMDにおいて、いくつかのZen CPUアーキテクチャの設計に携わってきたJim Keller氏は、同氏が立ち上げたTenstorrentの新たなAscalonプロセッサコアをベースとしたCPUのパフォーマンス予測を、AMDのZen 5、AmazonのGraviton 3、NVIDIAのGraceを含む競合他社と比較して発表した。TenstorrentのAscalonは、市場をリードする整数パフォーマンス・パー・ワットを提供することが予測されているが、注目を集めたのは、TenstorrentがAMDのZen 5を整数スループットの性能チャンピオンに見込んでいることだ。実際、Keller氏は、AMDのZen 5が整数ワークロードで現行のZen 4より30%高速であると予想しているのだ。

Tenstorrentは、SPEC CPU 2017 INT Rateベンチマークでの整数性能を測定するAscalon RISC-Vコアのパフォーマンス予測を競合他社と比較した。同社は、Ascalon 1.9 SPEC2K17INT/GHzが7.03ポイント、Ascalon 2.2 SPEC2K17INT/GHzが8.14ポイントに達すると予想している。

AMD Zen 5 CPU Architecture Estimates Jim Keller

これらのパフォーマンス予測は、インドで行われたRISC-Vに関するNerds Talking to Nerds About RISC-Vイベントで発表されました。Tenstorrentが予測するCPUコアは、IntelのSapphire Rapids(7.45ポイント)、NVIDIAのGrace(7.44ポイント)、AMDのZen 4(6.80ポイント)よりも優れている。しかし、AMDのZen 5は8.84ポイントを記録すると予想され、2024年から2025年にかけては整数性能でチャンピオンとなるだろう。

しかし、Tenstorrentのパフォーマンス予測は、あくまでも予測であり、実際のベンチマーク結果ではない。

AMDのZen 5の性能数字が最も注目を集めていますが、この予測が完全に正確である可能性は非常に低いだろう。しかし、Tenstorrentは、Ascalonが約3.80GHz、TDPが約200Wであるのに対し、AMDのZen 5が4.0GHzを超え、TDPが250W以下になることを期待している。電力消費を考慮すると、TenstorrentのAscalonマイクロアーキテクチャをベースとしたプロセッサ(同社自身のAegisチップレットなど)は、特にプロセッサが満たすことを目的とするアプリケーションにとって重要なリーディング整数パフォーマンス・パー・ワットを提供することが予想される。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする