あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Twitterが無料APIを停止、多くのアプリが影響を受ける

elon musk

Twitterは今年初め、開発者がAPIを使ってサードパーティーのアプリを作成することを禁止した後、APIの複数の変更を発表した。この変更の中で、同社はAPIに新しく有料のレイヤーを導入し、その中で、無料プランも導入したが、これは書き込み専用であり、多くの制限があった。現在、Twitterは古い無料APIを正式に停止し、Web上の多くのアプリやWebサイトに影響を及ぼし始めている。

Engadgetによると、Substack、Jetpack Social(WordPressのプラグイン)、Echobox、Flipboard、Social Bearingなど、多くのアプリが影響を受けていると報告している。

新しい無料APIでは、各アプリに対して、月1,500件の投稿リクエストとTwitterとのログインへのアクセス権のみが提供される。月間50,000件の投稿リクエストと10,000件の読み込みリクエストを得るには、開発者は月額100ドル(13,100円)を支払う必要がある。それ以上を必要とする人は、月額42,000ドル(550万円)のEnterprise APIを購入する必要がある。

しかし、Twitterが古いAPIへのアクセスを遮断し、新しい有料のエンタープライズAPIへのアクセスをまだ解放していないため、新しいAPIにお金を払うことをいとわない開発者でも問題に直面している。Echoboxの開発者はブログの中で、「Twitterの企業向け営業チームからの返答はまだなく、APIへのアクセスは昨日予告なしに遮断されました」と、述べている。

1月に突然サードパーティ製クライアントへのアクセスを遮断したTwitterは、またしても開発者に混乱をもたらしている。

Elon Musk氏がTwitterを買収して以来、彼はこのプラットフォームを何とかして収益化しようと力を注いでいる。例えば、TwitterはBlueサブスクリプションを値上げし、有料ユーザーには青いバッジを提供するようになった。また、TwitterはBlueサブスクライバー以外からのツイートのリーチを制限している。

しかし、Musk氏の行動は良い結果を示していない。彼は10月に440億ドルを支払ってTwitterを買収したものの、同社の評価額は現在200億ドルである。Twitterの物議を醸すような変化のせいで、多くの大手広告主がこのプラットフォームから離れ、その結果、Twitterは損失を出している。

同時に、Twitterは主要なエンジニアや幹部を解雇し続け、プラットフォームは絶え間ない機能停止、深刻なバグ、セキュリティ侵害に直面している。そして、開発者にTwitterのAPIに高い対価を支払わせることが、同社を救うことには到底繋がらないだろう。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする