あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

もし、あなたが疲れて運転したら、罰金や免許証の剥奪を受ける可能性があるとしたら?『Nature』と『Science of Sleep』に掲載されたばかりの私たちの新しい研究によると、昨夜の睡眠時間が5時間未満だった場合、アルコールの法定基準値を超えていた場合と同じように、自動車事故を起こす可能性があることが判明した。

自動車事故の約2割が疲労によるものであることが分かっている。過去20年間で、アルコールが原因の事故は大幅に減少している。

しかし、この同じ期間に、疲労が原因の事故件数を減らすという点では、ほとんど進展がなかった。私たちは、この状況を変えることができるのか、知りたかったのだ。

飲酒運転に対する「一線」

最近のアルコールによる交通事故の減少は、いくつかの理由から起こっている:

  • 公教育への大幅な投資
  • 運転者が、運転に支障をきたすほど酔っているかどうかを判断するためのわかりやすいガイダンス(例えば、「最初の1時間に2杯、それ以降は1時間ごとに1杯」というアドバイス)があること。
  • ロードサイドテストを含む強力なエンフォースメント戦略
  • 飲酒運転に関する訴訟で大きな話題となった

また、血中アルコール濃度が0.05%を超えると、運転成績にかかわらず、法律上、運転に支障があると判断される。この血中アルコール濃度は、運転が法的に許されるかどうかを判断する、効果的な “砂上の楼閣”だ。

私たちは、同じような戦略をとることで、オーストラリアの道路における疲労に起因する事故の件数を減らすことができるかどうかを調べるために研究を行った。ドライバーを疲労による障害とみなすことができるポイントはあるのだろうか?

最低限必要な睡眠時間?

そのために、安全な運転に必要な事前の睡眠時間を調べた実験室やフィールド研究の科学的根拠を評価した。

61のユニークな研究結果を統合した結果、前24時間の睡眠時間が4~5時間未満であることは、自動車事故のリスクが約2倍になることと関連することが分かった。これは、運転者の血中アルコール濃度が0.05%のときに見られる事故リスクと同じである。

それだけでなく、ドライバーの事故リスクは、前夜の睡眠時間が1時間短くなるごとに大幅に増加する。前夜の睡眠時間が0時間から4時間だった場合、運転手が事故を起こす可能性は最大で15倍高くなる可能性があるという研究結果もあるくらいだ。

car crashing

私たちのレビューによると、科学的な証拠に基づいて、運転者がハンドルを握る前に一定の睡眠時間を確保することを義務付けることが合理的である可能性があることが示唆された。もし、酩酊状態でも許容できるとされるリスクの程度に合わせるならば、運転前に最低4~5時間の睡眠を要求することを検討してもよいかも知れない。

しかし、私たちは科学的根拠だけでなく、もっと多くのことを考えなければならない。ほとんどの場合、お酒を飲むことは個人が選択することだ。例えば、新婚の親、交代勤務の人、睡眠障害のある人など、多くの人は睡眠時間を確保することを決められない。それだけでなく、疲労運転が規制されるためには、国民の大きな支持が必要だ。

法律は選択肢の一つなのか?

このような法律がどのように実施されるかも考えなければならない。現在のところ、道路脇で疲労を評価する方法はない。睡眠時間や障害の程度を評価できる呼気検査や血液検査はない。そのため、疲労を評価するためには、事故が起きたときに規制が必要になる可能性が高い。その時、運転手は疲労による障害を負っていたのか、そしてそのために法的な責任はあるのか。

疲労運転の規制は、新しいアイデアではない。ニュージャージー州では、「Maggie’s Law」という法律で、前24時間の睡眠時間が0時間だった場合、ドライバーは法的に障害を受けるとされている。この法律は、2003年に過労運転で大学生が死亡したことを受けて施行されたもので、多くの人がかなり寛容であると考えるだろう。つまり、安全な運転をするためには、前24時間の睡眠時間が0時間以上必要だと多くの人が思っているはずだ。しかし、2023年のオーストラリアでは、ハンドルを握るために十分な休息を確保するための同様の要件は存在しない。

私たちは現在、オーストラリアにおける疲労運転規制の次のステップについて、さまざまな地域社会の人々や交通安全関係者と協議している。予備的な調査結果によると、少なくとも、疲労時の運転を避ける方法について、より具体的な公教育やドライバー向けのガイダンスが歓迎されるだろうということだ。例えば、疲労で運転できないかどうかを判断する方法について、わかりやすいアドバイスがあれば、好評を得る可能性が高い。

オーストラリアでは、運転前の睡眠時間を法律で定めることはまだ少し先かも知れないが、過去24時間の睡眠時間を念頭に置いておくことをお勧めする。もし、睡眠時間が5時間未満であれば、運転は控えたほうがいいだろう。


本記事は、Madeline Sprajcer氏とDrew Dawson氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Driving on less than 5 hours of sleep is just as dangerous as drunk-driving, study finds」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする