WHOが発がん性を示唆した人工甘味料アスパルテームは本当に癌を引き起こすのか?

The Conversation
投稿日 2023年7月15日 11:21
Artificial sweetener

世界保健機関(WHO)のがん専門機関である国際がん研究機関(IARC)は、アスパルテームはヒトに対して発がん性の危険性がある可能性があると発表した

WHOの別の部門であるWHO・食品農業機関合同食品添加物専門家委員会は、リスクを評価し、アスパルテームをどの程度摂取するのが安全かについての勧告を作成した。彼らは、許容可能な1日摂取量を体重1キロあたり0~40mgとするよう勧告している。

危険性とリスクは異なる。危険性評価は、それが、がんを引き起こす可能性のある物質であることを意味し、リスクはがんを引き起こす可能性を測定するものである。

では、この危険性評価はあなたにとって何を意味するのだろうか?

まず、アスパルテームとは何か?

アスパルテームは砂糖の200倍の甘さを持つ人工甘味料だが、カロリーはゼロだ。

コカコーラ・ゼロ、ダイエット・コーラ、ペプシ・マックスなどの炭酸飲料や、一部の家庭用ブランド飲料など、さまざまな製品に使用されている。飲料や食品に含まれるアスパルテームは、添加物番号951で識別できる。

ヨーグルトや菓子などの食品にもアスパルテームが含まれることがあるが、温かい温度では安定しないため、焼き菓子には使われない。

アスパルテームの商品名には、エクオール、ニュートラスウィート、カンデレル、シュガーツインなどがある。オーストラリアでは、1日の許容摂取量は体重1キロあたり40mgで、これは約60袋分に相当する。

アメリカでは1日の許容摂取量は75小袋に設定されている。

IARCはどのような証拠に基づいてこの結論を出したのか?

IARCは、観察研究、実験研究、動物実験のデータを用いて、世界中のエビデンスを精査した。

その結果、アスパルテームとがん(特に肝臓がん)に関連するヒトの研究において限定的なエビデンスがあり、動物実験からも限定的なエビデンスがあることが判明した。

また、アスパルテームの摂取によってどのようにがんが発症するかを示す生物学的メカニズムの研究も検討した。通常、これらの研究は実験室ベースの研究であり、アスパルテームへの暴露がどのように癌につながるかを正確に示すものである。この場合、アスパルテームがどのように癌を引き起こすかについての証拠は限られている。

ガンとアスパルテーム摂取について調べたヒト研究は3つしかなかった。これらの大規模観察研究では、アスパルテーム摂取の指標として清涼飲料水の摂取量を用いている。

これら3つの研究はすべて、人工甘味料入り飲料と肝臓がんとの間に正の関連があることを、研究対象集団全体またはその中のサブグループにおいて発見した。しかし、これらの研究では、所見の原因となりうる他の要因を除外することはできなかった。

ヨーロッパで実施された研究では、47万5千人を11年間追跡調査し、1週間に飲むダイエット清涼飲料が1杯増えるごとに、肝臓がんのリスクが6%増加することを発見した。しかし、科学者たちは、肝臓がんはまれな病気であるため、研究対象者の数がまだ少なかったと結論づけている。

アメリカの研究では、糖尿病患者で週に2缶以上のダイエット・ソーダを飲むと、肝臓癌のリスクが増加した。

三つ目の研究は、同じくアメリカでのもので、喫煙経験がなく、人工甘味料入りの飲料を一日2本以上飲む男性に肝臓がんリスクの増加が見られた。

このことから、アスパルテームはグループ2bの “発がん性物質”に分類されることになった。しかし、アスパルテームと癌の関係をさらに理解するためには、より良い研究が必要であるとしている。

IARCは、がんを引き起こす可能性のある物質(IARCでは「薬剤」と呼ぶ)を4つのカテゴリー(グループ分け)に分類している。

それぞれのグループ分けの意味は?

グループ1 ヒトに対して発がん性がある:このグループに属する物質は発がん性がある。このグループには、タバコ、アルコール、加工肉、放射線、電離放射線など126の物質が含まれる。

グループ2a ヒトに対しておそらく発がん性がある:ヒトにおけるその物質とがんとの間に正の相関があるが、研究では十分に検討されなかった他の説明がまだあるかもしれない。このグループには、赤肉、DDT殺虫剤、夜勤を含む95の薬剤が含まれる。

グループ2b ヒトに発がん性がある可能性がある:これは、ヒトにがんを引き起こすという証拠は限られているが、動物実験から十分な証拠が得られている、または、その薬剤がどのように発がん性を持つかのメカニズムがよく理解されていることを意味する。これは基本的に、現在のエビデンスでは発がん性があるかもしれないが、よりよく実施された研究による科学的なエビデンスが必要であることを意味する。現在このグループには、アロエベラ(全葉エキス)、イチョウ葉、鉛を含む323種類の物質が含まれている。

グループ3 発がん性物質として分類できない:ヒトまたは動物からの十分な証拠がなく、発がん性物質である可能性についてのメカニズム的証拠も限られている。このグループには500の薬剤がある。

では、ダイエット清涼飲料水の習慣をやめなければならないのだろうか?
体重70kgの人が1日の許容摂取量に達するには、アスパルテームで甘味をつけた清涼飲料水を1日に約14缶(5リットル以上)摂取する必要があります。

しかし、他の食品にもアスパルテームが添加されている可能性があることを忘れてはならない。つまり、これは非現実的な摂取量だが、不可能ではない。

また、アスパルテームに関するすべての証拠を合わせて考える必要がある。一般的にアスパルテームが入っている食品は、加工食品や超加工食品であり、これらもまた健康に有害であることが最近明らかになっている。

また、人工甘味料(アスパルテームを含む)は、人に糖分をより欲させ、より多くの食べ物を食べたくさせ、より体重を増加させる可能性がある。

これらを総合すると、人工甘味料には健康上の利点はなく、悪影響を及ぼす可能性があるため、摂取量にはもっと注意すべきであるということになる。

しかし、総合的に判断すれば、たまに、あるいは毎日缶のダイエット飲料を飲むことは安全であり、おそらく発がんリスクはないだろう。


本記事は、氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Ancient megalodon super-predators could swallow a great white shark whole, new model reveals」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • chatbot illustration
    次の記事

    インドの新興企業が従業員の90%を解雇し、AIチャットボットに置き換えた

    2023年7月15日 14:34
  • 前の記事

    Threadsは大きな関心を集めたが、早くも飽きられている?

    2023年7月15日 10:51
    meta threads icon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事