あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

PlayStation 5の累計販売台数が4,000万台を突破

Sonyは、2023年1月にPlayStation 5の累計販売台数が3,000万台に到達したことを明らかにしていたが、あれからわずか半年強でその記録に1,000万台の販売を上乗せしたことを明らかにした。

PS5の累計販売台数4,000万台は7月16日までに達成され、「十分な在庫があり、累積されていた需要にようやくお応えできるようになりました」と、同社はブログ投稿で述べている。

Sony Interactive Entertainmentの社長兼CEO Jim Ryan氏は、以下のように述べている:

私たちは2020年11月にPlayStation 5を発売しました。その時世界は、2019年にPS5を初めて発表した時とは全く異なった状況にありました。新型コロナウイルスによる前例のない困難の中で、私たちはパートナーの皆さまと共に、PS5 を予定通りにファンの皆さんにお届けするためにあらゆる努力を行いました。

PlayStation 5は、PlayStation 4の4,000万台販売記録には2か月及ばなかったが、上述の通り、新型コロナウイルス感染症やそれに伴うサプライチェーンの混乱、ウクライナ戦争などの世界情勢の変化など様々な供給上の制約がある事を忘れてはならない。また、Sonyは本日、PlayStation 5のエコシステムにおいて、後方互換と新作の両方から2,500本のゲームが利用可能になったことを明らかにした。

Sonyは、PlayStation 5の新しい強化版も開発中との噂がある。先日伝えられた内容では、長らく噂されていたPlayStation 5 Proが2024年の終わりにも登場する可能性が示唆されていた。

また同社では、現在Project Qと呼ばれる、リモートプレイ用の8インチLCDスクリーンを備えた新しい携帯端末も開発中だ。これはクラウドゲーミング端末とは異なり、自宅のPlayStation 5で処理したゲームをストリーミングして動作する端末とされている。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする