Adobe、AIによって“画像の写っていない部分”を生成する「生成拡張」機能をPhotoshopに搭載

masapoco
投稿日
2023年7月28日 6:40
BEFORE Generative Expand No Prompt

Adobeは、Photoshopベータ版において、生成AIを用いることで、オリジナルの写真やアート作品で描かれていない“外側”を生成拡張する“アウトペインティング”機能である「生成拡張(Generative Expand)」機能を追加したことを発表した。

生成拡張は、既にAdobe Fireflyベータ版にてテストされていた機能だ。デスクトップPhotoshopアプリのベータ版では、切り抜きツールでアートボードを拡大し、「生成」をクリックすることで余白の部分に生成AIが作成したコンテンツが埋め込まれ、既存の画像とシームレスに調和する作品が完成するというものだ。

OpenAIのDALL-Eが、同様のアウトペインティング機能を追加した時には、有名な「真珠の耳飾りの少女」が雑然とした部屋の中に佇んでいる様子が生成され話題を呼んだ。

ただし、Photoshopの生成拡張は、これに比べると幾分使いやすそうだ。DALL-E では、絵を拡大するには小さな正方形を追加する必要があるが、何をすればよいか明確ではなかった:絵を拡大するために絵そのものを描写するのか?画家が作成したであろうシーンを提案するのか?Photoshop は、生成拡張でで両方のアプローチを試している。

同時に、Photoshopベータ版の生成AIテキストプロンプトは、100以上の言語で動作するようになった。コンテンツ制作に英語を使う必要はない。

生成拡張と、より幅広いテキスト・プロンプトのサポートは、Photoshopベータ版アプリをアップデートすれば利用できるようになるはずだ。Adobeは、この秋にさらなる生成AI機能が登場することを予告しているので、そう遠くないうちに、よりクリエイティブなツールを手に入れることができるだろう。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • unknown tracker alert hero image.width 1600.format webp
    次の記事

    Androidで不明なAirTagの検出が出来る様になった

    2023年7月28日 7:09
  • 前の記事

    PlayStation 5の累計販売台数が4,000万台を突破

    2023年7月28日 6:13
    JP SIEBlog ENthankyou v3 072623
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

  • Pixel 8 in Rose.max 936x936.format webp

    Google、方針を転換しPixel 8にもGemini NanoによるオンデバイスAI機能を搭載へ

今読まれている記事