あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Sonyが発売したばかりのPlayStation Portalは、ユーザー自身のPS5からストリーミングされたゲームしか遊ぶことが出来ず、多くのユーザーを落胆させているが、Googleのエンジニアはこの不便さを解消しようと改造を施し、ローカルでエミュレートされたゲームを実行することに成功している。

今回、2人のGoogleエンジニアがPPSSPPエミュレーターをPlayStation Portal上でネイティブに動作させることに成功し、Wi-Fiストリーミングを必要とせずにPSP版『グランド・セフト・オート』をPortal上で動作させることが可能になった。「1ヶ月以上の苦労の末、PPSSPPはPlayStation Portal上でネイティブに動作するようになりました。そう、ハックしたんだ」とAndy NguyenはXへの投稿で語っている。

The Vergeが指摘しているように、Nguyen氏は過去にPS4とPS5のエクスプロイトを発見している。Nguyen氏がPPSSPPを動作させる方法を詳述するか、他の人々が比較的簡単にPortalにエミュレータをインストールできるように脱獄をリリースするかどうかはまだ明らかではない。しかし、Nguyen氏は今週末にエミュレータが動作している様子を紹介するビデオを投稿することをほのめかしている。

PlayStation Portalは人気のあるデバイスではあるが、いかんせんやれることが限られており、ユーザーはもっと多くの機能が解放されることを切望している。現状では、Sonyのクラウド・ゲーミング・サービスからゲームをストリーミングすることさえできない。ユーザーが望んでいたのは、PSPやVitaの後継ともなりえる、Steam Deckのような携帯ゲーム機だったのだろう。


Sources

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする