中国が軌道上から見た天宮宇宙ステーションの画像を公開

masapoco
投稿日
2023年11月30日 9:51
china space station 1

宇宙時代が1957年に幕を開けた際、主役はアメリカとソビエト連邦のみであった。アメリカは月への最初の到達で宇宙競争に勝利したが、ソビエト連邦も独自の成功を収めた。しかし、数十年後の今日、ソビエト連邦は衰退の一途を辿る一方で、中国は急速に前進している。

中国の進歩を象徴するものとして、天宮宇宙ステーションが挙げられる。

中国は宇宙活動に関してしばしば秘密主義をとるが、天宮に関してはその限りではない。中国は、神舟16号に搭乗する宇宙飛行士が捉えた宇宙ステーションの画像を公開している。神舟は宇宙ステーションへのクルー輸送を担う宇宙船であり、16号は現在のミッションである。

これらは天宮の最初の高解像度画像であり、中国有人宇宙局は11月28日の記者会見でこれらを公開した。

中国は2021年から宇宙ステーションの異なるモジュールの打ち上げを開始し、最初は天和コアモジュールであった。天和は宇宙ステーションのクルーの生命維持と居住区を提供するとともに、ステーションのナビゲーション、ガイダンス、方向性を担う。

天和コアモジュールに続く3つのモジュールは、問天(2022年)、夢天(2022年)、巡天(2024年)である。問天には研究所が含まれ、他の機能も果たす。夢天も研究施設を含み、巡天は中国の調査宇宙望遠鏡(CSST)である。CSSTは光学・紫外線望遠鏡で、ハッブル宇宙望遠鏡を上回る性能を持つと中国は述べている。

CSSTは天宮と共に軌道を周回し、定期的に宇宙ステーションにドッキングする。

中国有人宇宙局(CMSA)は、香港での記者会見でこれらの画像を公開した。会議で、香港特別行政区の行政長官、John Lee氏はCMSAと天宮について語った。

「中国の千年にわたる星への飛行の夢を実現し、我々中国人全員が深く誇りに思っている歴史を作りました。代表団の訪問を通じて、香港の人々は中国の有人宇宙開発における国の誇りを間近で共有し、国の航空宇宙技術の発展についてより深く理解することができます。この訪問は、中央人民政府が香港特別行政区に対して持つ愛情と支援の象徴です」とLee氏は述べた。

中国は、国際宇宙ステーション(ISS)において中国がいかなる役割も果たさないようにするため、米国議会によって排除された。実際、議会は中国の宇宙計画全体との公式なアメリカの接触を禁止した。これは「国家安全保障」の懸念によるもので、しばしばスパイ行為を意味するが、何でもあり得る。そのため、中国は自分たちの宇宙ステーションを建設した。

宇宙ステーションを建設するための中国の目的は、他の国と同じである。宇宙船のランデブー、恒久的な軌道上での人間の操作、宇宙ステーションの長期自律的な宇宙飛行、再生可能な生命維持技術、自律的な貨物および燃料供給技術の経験を得るためだ。また、太陽系のさらなる探査のための技術開発のプラットフォームでもある。

中国は、天宮ミッションに民間宇宙企業の参加を招待し、自国の宇宙産業の革新と発展を促進している。また、宇宙観光も検討している。

中国初の宇宙飛行士であるYang Liweiは、観光客が天宮を訪れることが時間の問題であると述べている。「技術の問題ではなく、需要の問題です」と楊は昨年、中国メディアに語った。「需要があれば、10年以内に実現できます」。

宇宙観光客がいるためには、多くのお金を持つ人々がいなければならない。しかし、共産主義は富の蓄積を防ぐことになっており、すべてが皆に属することになっている。しかし、それは政治的な議論である。

中国は、自国の成功について誇りに思い、楽しむ権利を獲得した。数十年前、宇宙競争の最中、中国は困難に直面していた。文化大革命が全盛期で、毛沢東は中国から資本主義の残存を一掃しようとしていた。混乱、武装闘争、政治的動乱があった。

しかし、現在に至り、中国は事実上異なる国である。産業と経済の大国であり、宇宙が資源を持つすべての国々に開かれていることを認めなければならない。中国は天宮や月、火星を目指すその他の努力で大きな進歩を遂げている。自国の宇宙望遠鏡を持つようになれば、本当に追いつくだけであろうか?

アメリカとソビエト連邦の間の宇宙競争は、私たちが住む時代を定義した。しかし、そのページはめくられた。現在は、アメリカと中国が覇権を争っている。

天宮は、中国の台頭の象徴であるだけでなく、それを実現する機能的な技術的産物である。


この記事は、EVAN GOUGH氏によって執筆され、Universe Todayに掲載されたものを、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)に則り、翻訳・転載したものです。元記事はこちらからお読み頂けます。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Bedrock Titan Images variations
    次の記事

    Amazon、独自の画像生成AI「Titan Image Creator」を発表

    2023年11月30日 10:25
  • 前の記事

    Google、使われていないアカウントの削除をいよいよ開始へ

    2023年11月30日 9:18
    google logo smartphone
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • 91e8dabaf1443f77337f70a1a1d01707

    中国ハイテク大手Huawei、2023年の利益は2倍超に

  • us china

    中国、政府機関のコンピュータにIntelとAMDのプロセッサー使用を禁止へ

  • ernie

    Apple、中国Baiduの生成AI「ERNIE」をiPhoneに採用する可能性

  • rocket start propulsion system

    世界初となる核融合を利用した電気推進装置の実証実験が成功

  • tiktok icon

    ホワイトハウス、米上院のTikTok法案採決に「迅速な動き」を期待すると述べる

今読まれている記事