Amazon、独自の画像生成AI「Titan Image Creator」を発表

masapoco
投稿日
2023年11月30日 10:25
Bedrock Titan Images variations

AmazonのAWS re:Inventカンファレンスは、これまでの生成AIの歴史をそのままなぞるかのような数々の発表が続く。大規模言語モデルに基づく独自のAIチャットボット「Amazon Q」と別に、Amazonは独自のテキストから画像を生成するAIモデル「Titan Image Generator」を発表し、OpenAIの取り組みに対抗する姿勢を鮮明にしている。

Titan Image Generatorは、「リアルでスタジオ品質の画像」を生成することができ、有害性や偏見に対するガードレールを内蔵しているとのことだ。Titan Image Creatorは単独のアプリやウェブサイトではなく、開発者が自分の画像生成ツールを構築するためのツールであり、使用するにはAmazon Bedrockへのアクセスが必要となる。

Amazonによると、Titan Image Generatorは「多様なデータセット」を使用してトレーニングされ、「幅広いドメイン」にわたっているという。ただし、これらのデータセットがどこから来たのか、また、Titan Image Generatorのトレーニングに使用された画像の作成者から許可を得たのか、または報酬を支払っているのかについては、同社は明らかにしていない。

AWSのデータベース、アナリティクス、マシンラーニング担当副社長であるSwami Sivasubramanian氏は、基調講演でTitan Image Generatorをプレビューし、自然言語のプロンプトから画像を生成するだけでなく、背景を変更する能力がある事も示した。これは、OpenAIのDALL-Eのような既存の画像生成ツールに加えて、Adobe Fireflyよりの機能であり、より企業向けの顧客を対象としている事を示唆するものだろう。

Titan Image Generatorで作成された画像には、デフォルトで「改ざん防止」の目に見えない透かしマークが付けられるという。これは、AI生成の偽情報や虐待画像の拡散を緩和する試みだ。Amazonがどのような透かしマーク技術を使用しているのか、またAmazon自身のAPI以外のどのツールがそれを検出できるのかは明らかではない。

透かしを入れること、またはAI生成のコンテンツとして識別することは、Biden政権のAIに関する行政命令の重要な部分である。これに対応して、MicrosoftやAdobeなどの企業は、Content Provenance and Authenticity Coalition(C2PA)によって開発されたコンテンツクレデンシャルシステムを採用している。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • GTAT TDE Netflix HorizontalArtwork Texted R01 1
    次の記事

    Netflix、『GTA』3部作を会員向けに追加料金なしで提供へ

    2023年11月30日 11:00
  • 前の記事

    中国が軌道上から見た天宮宇宙ステーションの画像を公開

    2023年11月30日 9:51
    china space station 1
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

  • Pixel 8 in Rose.max 936x936.format webp

    Google、方針を転換しPixel 8にもGemini NanoによるオンデバイスAI機能を搭載へ

今読まれている記事