あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

中国SMICがTSMCの技術をコピーし7nmチップを出荷との報道

市場調査会社のTechInsightsによると、中国のファウンドリSMICがBitcoin Miner SoC向けに同社の7nmプロセスノードをベースにしたチップを生産しており、2021年7月から出荷しているという。TechInsightsがこのチップをリバースエンジニアリングした結果、「TSMC 7nmプロセス技術のコピーに近いことを示唆している」と報告している。台湾のTSMCが過去にSMICに対し、自社の技術をコピーしたとして2度提訴していることを考えると、SMICが再びTSMCの技術を盗み出したとしてもあり得ない話ではないだろう。

SMICはTSMCの技術をコピーし既存のツールを使って7nmチップを作っている可能性

TechInsightsのレポートによると、TSMC、Intel、SamsungはいずれもSMICの7nmよりはるかに高度な技術を開発しており、少なくとも2ノード先を行っているという。SMICは米国政府から厳しい制裁を受けており、先進的なEUVチップ製造ツールへのアクセスが制限されている。しかし、SMICは既存のツールを使って、7nmチップ(そしておそらくそれ以下)を製造することができているようだ。経済性と歩留まりは劣るものの、中国が欧米諸国からの技術的独立を目指し、独自に製造したチップを供給している以上、こうしたコスト要因はほとんど気にする必要はない。

SMICはもともと、2020年初頭に7nmノードを発表した。その後、SMICとパートナーのInnosiliconは、7nmノードのN+1版でチップをテープアウトしたと発表した。しかし、Techinsightsがオープンマーケットで購入したMinerVa Bitcoinマイニングチップが、Innosiliconの取り組みと関連しているかどうかは、依然として不明だ。当時、SMICは7nmノードのN+2バージョンも開発中であると主張していたが、Minervaチップ(下の画像)がN+1バージョンまたはN+2バージョンのプロセス技術を使用しているかどうかは定かではない。

minerva chip
MinerVaチップ(出典:TechInsights)

台湾のTSMCは、プロセス技術をコピーしたとしてSMICを2度(2002年と2006年)提訴しており、SMICがTSMCの7nmをコピーした可能性が高いとするTechInsightsの主張は、両社間のさらなる法廷闘争を引き起こす可能性がある。

MinerVa ビットコインマイニングチップはかなり基本的なもののようで、サイズはわずか 4.6 x 4.2 mm であり、SMIC がまだチップ開発の初期段階にあることを暗示しているように見える。とはいえ、この種の小型でシンプル、かつ比較的初歩的なチップは、プロセス技術がさらに洗練されるまでの学習ノードとして機能することが多い。

「この少量生産品は、スケーリングされたロジックとメモリビットセルを組み込んだ真の 7nm プロセスへの足がかりになるかもしれません。ビットコインの採掘者は RAM の要件が限られているため、真の 7nm 技術定義で必要とされる典型的なビットセルメモリを搭載していない可能性があります(スケーリングロジックとビットセルの両方が採用される)。このチップセットは、ロジックの部分は示しているが、bitcellの側面は示していない可能性が高い」とTechInsightsは述べている。

マイニングチップは、新しいプロセスノードの問題点を解決するのに最適だ。上の画像に見られるように、これらの小型チップは、強力なマシンを作るために大量に配置される。この場合、採掘業者は基板ごとに 120 個のチップを搭載し、最大 3300W の電力を消費するマシンを作り上げている。SMICは、時間の経過とともに歩留まりが向上すれば、いずれ7nmプロセス・ノードをベースに、より大きく、より複雑なチップを作るようになると予想される。

米国は、SMICがASMLからEUVツールを調達することを長い間妨げており、最近では、比較的簡単なDUVチップ製造ツールへのアクセスさえ制限することで、制裁の縄をさらに強化することを検討している。しかし、中国は独自のチップ製造ツールとソフトウェア(EDA)エコシステムの開発に資金を投入し続けている。SMICが証明しているように、たとえ収益性が低くても、高度なプロセスノードを作るために洗練されていない装置を使うことは可能であり、それによってチップ設計者からの売上をさらに増やすことができるのである。これらのチップに法的な問題から輸出規制がかかるかどうかはまだわからないが、中国ではチップ設計者のエコシステムが急成長しており、その設計を国内で使用できるため、おそらく懲罰的な措置の影響を回避することができるはずだ。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする