オーストラリアではBMIとダイエットは教えられなくなった。子供たちは何を学ぶべきか

The Conversation
投稿日
2024年2月6日 16:03
child study

子どもの頃、学校でBMIの計算をさせられ、同級生と自分の体重を比較させられた記憶があるだろうか。あるいは、教室でカロリーやダイエットについて言及されたことを覚えているだろうか。

今、オーストラリアのカリキュラムは、摂食障害を予防するために、子供や若者が自分の身体や食べるものについて教育する方法を変えようとしている。

BMI、体重、カロリー、ダイエットを含む何百もの用語が、オーストラリアのカリキュラム・評価・報告機関によって学校教材から削除され、代わりに「バランスのとれた栄養」といった用語が使われるようになった。

ボディ・イメージや摂食障害を持つ子どもや若者の治療を専門とする臨床心理学者として、私はこのような変更を歓迎する。体重への偏見と摂食障害の発症との関連について私たちが知っていることを考えると、これらの変更はずっと遅れている。

体重への偏見は早くから

体重へのスティグマダイエット文化は、私たちの社会に蔓延している。

人々はしばしば「デブ」や「罪悪感」といった言葉を使って、自分や他人の体格や食べ物の選択を辱める。その反面、最新のダイエット法やその他の減量法は、友人や同僚の間で定期的に話題となる。

子どもや若者の間でこのような話題が交わされると、場合によっては乱れた食生活を助長し、大きなダメージを与える可能性があることを示す証拠もある。ですから、学校という環境では、人々の身体や食べ物に関する言葉遣いに特に気を配る必要があるのです。

子どもたちは学校に通い始めると、自分の体や栄養について学ぶが、そこで多くの誤った情報(特定の食品は「体に悪い」とされているため、恐れを抱くなど)やスティグマが始まることがある。サイズや体重、体型を理由にした仲間からのからかいはよくあることで、子どもや若者が摂食障害を発症するリスクを高める

私は、やせすぎを過大評価し、減量のためのダイエットを奨励し、太りすぎや肥満の人を辱める社会で育った結果、重度の摂食障害を抱える多くの大人を治療している。その多くは、学校教育の影響から来ているようだ。

ポジティブなボディ・イメージを育む

深刻な精神疾患の発生を減らすためには、幸福と前向きなメンタルヘルス戦略について子供たちを教育することによる早期介入が重要であることは、以前から知られている。

特に摂食障害については、自分や他人の身体についてどのように話すかについて、大人による肯定的な役割モデルが極めて重要である。

これには、外見ではなく、その人の興味や資質について説明することや、子どもたちに感謝の気持ちや互いへの敬意を教えることも含まれる。

男性にとっても女性にとっても、ポジティブなボディ・イメージを育むためには、身体の受容と感謝について学ぶことが重要であるという研究結果がある。自分の体や食べ物に対して肯定的な関係を持っている子供や若者は、摂食障害になる可能性が非常に低い。

教師は、子どもたちに身体への敬意と、身体と食べることの健全な関係について教育する重要な役割を担っています。

そのためには、人の外見に関する発言を避ける、食べ物の体内での働きについて話す、食べるものに(「良い」「悪い」といった)道徳的な価値観をつけない、といった行動を通じて達成することができる。実際、カリキュラムの大改革では、教師がこのような表現を使ってはいけないと警告している。

子供と食べ物について話すには

体に栄養を与え、体の要求に耳を傾けることの大切さを学ぶことは、子どもたちにとって重要だ。

私たちは、食べ物について、私たちの体における機能(エネルギー源となる炭水化物や脳のための脂肪など)について話す必要がある。集中力を高めたり、体に栄養を与えたり、体を丈夫にしたり、体調を整えたりするために食べる食べ物について話すべきだ。

カリキュラムの変更は、このように栄養を心身の健康につなげるようにデザインされているようだ。

また、食は楽しいものであり、社会的な活動であることを示すべきである(例えば、他の人と食を共にすること)。

食欲はその時々によって違うが、それでいいのだ。食欲にどのように対応し、いつお腹が空いて満腹になるかを理解させることは重要であり、これが制限食やむちゃ食いといった2つの一般的な食行動障害の改善に役立つことがわかっている。

誰にでも役割がある

願わくば、学校における体重への偏見やダイエット談義という害悪に別れを告げたいものだ。

最大の課題は、私たちがダイエット文化のある外見にとらわれた世界に住んでおり、多くの人が食べ物や体に対する固定的な考え方を持っていて、それを変えるのが難しいということです。大人として、私たちはより良い模範となるよう、懸命に努力しなければならない。

教師は重要な役割を果たしますが、子どもたちには、理解され受け入れられていると感じられるような、他の大人も必要だ。積極的な模範であるということは、子どもたちの心配事に耳を傾け、自分や他人の身体について話す方法や、食事や食べ物にまつわる言葉の種類に気を配るということだ。


本記事は、Vivienne Lewis氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Ancient megalodon super-predators could swallow a great white shark whole, new model reveals」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • ko to en revised 1
    次の記事

    Roblox、独自の翻訳LLMを用いたリアルタイムAIチャット翻訳機能を公開

    2024年2月6日 18:16
  • 前の記事

    QuEra、世界初のフォールトトレラント量子コンピューターを2024年末までにリリースへ

    2024年2月6日 15:40
この記事を書いた人
The Conversation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

  • oura ring

    スマートリングの超精密動作トラッキングがウェアラブル技術を次のレベルに押し上げる

  • stress face

    154件の研究から、怒りを抑えるには、“感情を爆発させるよりも冷静になる”方が効果的であるかが明らかになった

  • laziness office work

    座りっぱなしは健康に悪く、運動しても有害な影響を相殺することはできないらしい

  • brain machine deepmind

    意識の謎は、科学だけで達成できることには限界があることを示している

今読まれている記事