卵は健康に良いのか?長年の議論に決着が付くかも知れない

masapoco
投稿日
2023年10月26日 14:30
egg

長年にわたり、卵が健康に良いか否かについての研究が行われてきたが、その結果は分かれている。一部の研究では、卵の摂取がLDLコレステロール(いわゆる「悪い」コレステロール)や心疾患、糖尿病に関連する炎症マーカーを増加させるとされている。一方で、卵は栄養価が高く、その摂取が健康に良いともされている。

Catherine J. Andersen准教授による新しい研究は、健康な若者における卵摂取の栄養学的影響について、より広範な視点から評価している。過去の研究は多くの場合、心疾患や糖尿病、体組成、炎症、免疫健康、貧血など、特定のバイオマーカーに焦点を当てていた。これに対し、新たな研究ではこれらの要素を総合的に評価し、身体の全体像への影響を調査している。

本研究の筆頭著者であり共同研究者であるCatherine Andersen氏は、「標準的で日常的な臨床バイオマーカーを利用することで、若く健康な集団における卵摂取の効果について包括的なイメージを提供することができます。私たちは、この研究によって、一般の人々により多くのことを伝えることができると信じています」と、述べている。

具体的には、研究では卵を全く摂取しない場合、卵白を1日3個摂取する場合、全卵を1日3個摂取する場合の3つのケースについて比較が行われた。その結果、全卵を摂取した場合には、血液中のコリン(卵黄に含まれる栄養素)が有意に増加した。コリン摂取が心疾患と関連する代謝物質トリメチルアミン-N-オキシド(TMAO)の増加と関連しているとされているが、この研究ではTMAOの増加は確認されなかった。

「これは最良のシナリオです。私たちは、この重要な栄養素を豊富に摂取したいのですが、心血管疾患を促進する可能性のあるこの代謝物を増やしたくないのです」と、Andersen氏は述べている。

また、炎症や血中コレステロール値に有害な変化は見られなかった。卵白の摂取は血清イソロイシンを増加させたが、これはインスリン抵抗性リスクの増加の指標であり、一方全卵の摂取は血清グリシンを減少させた。全卵摂取はヘマトクリット(血液中の赤血球の割合を示す指標で、貧血の場合に低下する)を増加させたが、卵白と全卵は血小板数を減少させた。血小板は血栓を形成する血液細胞である。

「総合的な測定範囲を調べたことで、卵の摂取による全体的な影響をより正確に評価できるようになりました。一つのマーカーがあまりポジティブでない変化を示したとしても、他のマーカーが有益な変化を示す可能性があるからです」と、Andersen氏は述べている。

この研究は男女両方の参加者を対象としており、女性参加者の約半数は経口避妊薬を服用していた。これにより、経口避妊薬を服用している女性とそうでない女性とで栄養学的影響に違いがあるかどうかも調査された。

経口避妊薬ピルを併用している女性参加者では、いくつかの異なる結果が得られることを発見した。ピルを服用していない女性の血液サンプルでは、心臓病の危険因子とされるHDL(善玉)コレステロールに対する総コレステロールの比率がより大きく上昇していた。

「これは予想とは正反対でした。ホルモン性避妊薬は、しばしば代謝に悪影響を及ぼすからです。しかし、今回のケースでは、卵に対する保護作用の方が強いようでした」と、Andersen氏。

ピルを服用していない女性は、ピルを服用している女性に比べて、血液中の単球のレベルも高かった。単球は体の第一線の免疫反応の一部である。

「全体として、全卵の摂取は、卵白と比較して、インスリン抵抗性のマーカーに悪影響を及ぼす可能性は低いものの、微量栄養素の食事の質、コリンの状態、HDL、血液学的プロフィールにおいて、より大きな全体的改善をもたらしました」と研究者達は述べている。

この研究は、卵摂取とHDL(「良い」コレステロール)と免疫系との関係に関する一連の研究の最初の一つであり、今後、高齢者と若者での卵摂取の栄養学的影響の違いも探求される予定だという。


論文

参考文献

研究の要旨

卵、特に卵黄は、代謝の健康、脂質代謝、免疫機能、造血に影響を及ぼす生物活性栄養素や食物化合物の豊富な供給源である。我々は、16週間の無作為化クロスオーバー介入試験において、若く健康な成人(18~35歳、BMI<30kg/m2または体脂肪率<30%(男性)、<40%(女性)、n=26)を対象に、卵を含まない食事、卵白を1日3個、全卵を1日3個を4週間摂取することが、総合的な臨床代謝、免疫、血液学的プロファイルに及ぼす影響を調査した。1日の平均マクロおよび微量栄養素摂取量は卵食期間によって有意に異なることが観察され、全卵食期間ではコリンの摂取量が多く、トリメチルアミンN-オキシドを変化させることなく血清コリンおよびベタインを増加させた。卵白と全卵の摂取は血清イソロイシンを増加させ、全卵の摂取は血清グリシンを減少させたが、これはそれぞれインスリン抵抗性リスクの増加と減少のマーカーであり、グルコース感受性や炎症の他のマーカーは変化しなかった。全卵の摂取は、経口避妊薬(COC)を併用している女性参加者(n=11)において、非服用者(n=10)と比較して、大きなHDL粒子のサブセット(H6P、10.8nm)を増加させ、総コレステロール:HDL-コレステロール比および%単球を減少させた。全卵摂取は血中ヘマトクリットをさらに増加させ、卵白および全卵摂取は血小板数を減少させた。卵白摂取期間と全卵摂取期間の臨床免疫細胞数の変化は、いくつかのHDLパラメータとは負の相関があったが、トリグリセリドに富んだリポタンパク質およびインスリン感受性の測定値とは正の相関があった。全体として、全卵の摂取は、卵白と比較して、インスリン抵抗性のマーカーに悪影響を及ぼす可能性は低いものの、最小限に抑えながら、微量栄養素の食事の質、コリンの状態、HDLおよび血液学的プロファイルの全体的な改善をより大きく導いた。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • poison
    次の記事

    画像生成AIを“毒”で狂わせるツールが登場:アーティストによるAIへの反撃が始まる

    2023年10月26日 16:20
  • 前の記事

    Intelのゲーム最適化テクノロジー「APO」がCore i9-14900Kで最大31%のFPS向上を実現

    2023年10月26日 13:45
    Intel Core 14th Gen Desktop Lineup
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • oura ring

    スマートリングの超精密動作トラッキングがウェアラブル技術を次のレベルに押し上げる

  • stress face

    154件の研究から、怒りを抑えるには、“感情を爆発させるよりも冷静になる”方が効果的であるかが明らかになった

  • laziness office work

    座りっぱなしは健康に悪く、運動しても有害な影響を相殺することはできないらしい

  • granola

    筋肉をつけたい?炭水化物がタンパク質と同じくらい重要な理由

  • broccoli

    ブロッコリーに含まれる天然成分が血栓の予防や治療に役立つ可能性が判明

今読まれている記事