Intelのゲーム最適化テクノロジー「APO」がCore i9-14900Kで最大31%のFPS向上を実現

masapoco
投稿日 2023年10月26日 13:45
Intel Core 14th Gen Desktop Lineup

Intelの最新第14世代チップは、ゲーム性能において第13世代から大きな改善は見られないが、新しいIntelアプリケーション最適化(APO)機能がそれを変えるかもしれない。Intelの新しいAPOアプリはバックグラウンドで実行され、ゲームのパフォーマンスを向上させる。まだ、『Rainbow Six Siege』と『Metro Exodus』でしか対応が見られないが、今後採用が進めば対応したゲームではフレームレートが大幅に向上する事が期待できそうだ。

APOがパフォーマンスを向上させた、より劇的な例の1つが、u/LightMoistureによるIntel subredditでの詳細だ。Intel i9-14900Kを使った彼らのセットアップでは、この機能によって『Metro Exodus』のフレームレートが273 FPSから339 FPSへと24%向上した『Rainbow Six Siege』ではさらに目を見張るような向上が見られ、659 FPSから867 FPSへと約32パーセントの向上が見られた。

このRedditorは、APOが理想的な条件で何ができるかをテストするために、ハイエンドのメモリセットアップで1080p解像度のゲームを低設定で実行したと述べている。より高い設定ではこの数字は再現できないだろうし、より新しく、よりグラフィックの要求度の高いゲームにどのように対応するかもわからない。

The VergeのTom Warren氏は、解像度1080pの「非常に高い」プリセットでこの機能をテストした。APOは『Rainbow Six Siege』(Core i9-14900KシステムとRTX 4090 GPUを使用)を615 FPSから688 FPSに、ほぼ12%向上させた。一方、『Metro Exodus Enhanced』は、同じリグで177 FPSから207 FPSへと、ほぼ17パーセント上昇した。これらの数値は、『Rainbow Six Siege』で13パーセント、『Metro Exodus』で16パーセントの向上を見込んでいたIntelのガイダンスとほぼ一致している。

残念なことに、APOはローンチ時に2つのゲームにしか対応していないという若干の問題に加え、この機能には不便なセットアップもある。Intelのダイナミック・チューニングをサポートするマザーボード・ドライバを探し出す必要がある。そして適切なドライバを見つけてインストールしたら、PCのBIOS設定でこの機能を有効にする。

その後、APOアプリをMicrosoft Storeからインストールする。Redditorの何人かは、Microsoft Storeへの外部リンクをたどってもうまくいかず、ストアフロントを開いて手動でIntel APOを検索する必要があると報告している。さらに、必要なドライバをすべてインストールしていない場合、アプリのインストールに失敗するとの報告もある。しかし、一度セットアップしてしまえば、対応ゲーム(うまくいけば、いつの間にか2つ以上)を起動すれば、自動的に検出されるはずだ。今後のセットアップがより簡単になり、インテルが定期的に新しいゲーム・サポートを追加するようになれば、新型チップの目玉として6GHzをしのぐ存在になるかもしれない。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • egg
    次の記事

    卵は健康に良いのか?長年の議論に決着が付くかも知れない

    2023年10月26日 14:30
  • 前の記事

    ラウンドアバウトとは?交通エンジニアが円形交差点の安全上の利点を説明する

    2023年10月26日 13:32
    roud about

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事