ラウンドアバウトとは?交通エンジニアが円形交差点の安全上の利点を説明する

masapoco
投稿日
2023年10月26日 13:31
roud about

東海岸に住んでいる人なら、近所のラウンドアバウトを何度も通ったことがあるかもしれない。あるいは、もっと西の地域にお住まいの方なら、このような交差点に遭遇したことがないかもしれない。しかし、ラウンドアバウトは比較的新しい交通規制手段でありながら、アメリカ全土で普及しつつある。

ラウンドアバウトは、トラフィック・サークルまたはロータリとも呼ばれ、交通の流れと安全性を向上させるために設計された円形の交差点である。交通信号や一時停止標識で管理される従来の交差点と比べ、いくつかの利点があるが、最も重要なのは安全性である。

私は交通工学、特に交通安全や交通操作について研究している過去に行った研究では、交差点にラウンドアバウトを設置した場合の安全性と運用面での効果を検証した。また、ラウンドアバウトと一時停止規制交差点の性能を比較したこともある。

ラウンドアバウトの歴史

早くも1700年代には、イギリス・バースのサーカスやフランスのシャルル・ド・ゴール広場のように、道路が合流する円形の場所を提案し、建設した都市計画家もいた。アメリカでは、建築家Pierre L’EnfantがワシントンD.C.の設計にいくつかの円形を取り入れた。これらのサークルはラウンドアバウトの前身である。

1903年、フランスの建築家で影響力のある都市計画家Eugène Hénardは、パリの交通量の多い交差点を制御するために、円を描くように交通を移動させるというアイデアを最初に導入した人物の一人である。

同じ頃、交通安全と交通整理の父として知られるアメリカの実業家William Phelps Enoも、ニューヨークの交通渋滞を緩和するためにラウンドアバウトを提案した。

その後、いくつかの都市がラウンドアバウトに似たデザインを試したが、成功の度合いはさまざまだった。これらのラウンドアバウトには、標準化された設計ガイドラインのようなものはなく、ほとんどのラウンドアバウトは効果的かつ効率的にするには大きすぎた。

近代的なラウンドアバウトの誕生は、1950年代にイギリスのいくつかの町で採用されたイールド・アット・エントリー規制によってもたらされた。進入禁止規制では、ラウンドアバウトに進入する車両は、すでにラウンドアバウト内を循環している車両に道を譲らなければならなかった。これは1966年にイギリスで、1983年にはフランスで全国的なルールとなった。

そのため、技術者たちは何年もかけて、現在のラウンドアバウトの形に近づけるような機能を追加していった。多くのラウンドアバウトは、歩行者用横断歩道とスプリッター・アイランド(車両が出入りする縁石)を追加した。

世界中のエンジニア、プランナー、意思決定者は、これらのラウンドアバウトが交通の流れを改善し、渋滞を緩和し、交差点の安全性を向上させることに気づいた。ラウンドアバウトはその後、ヨーロッパとオーストラリアに広まった。

その30年後、近代的なラウンドアバウトが北米にやってきた。米国初の近代的ラウンドアバウトは、1990年にラスベガス西側のサマーリンに建設された。

それ以来、アメリカでは近代的なラウンドアバウトの建設が勢いを増している。今では国内に約1万カ所のラウンドアバウトがある。

なぜラウンドアバウトなのか?

ラウンドアバウトが急速に普及したのは、潜在的な衝突ポイントを減らすことができるからだろう。交差点における衝突ポイントとは、2台以上の車両や道路利用者の進路が交差する、あるいは交差する可能性のある場所のことである。衝突ポイントが多ければ多いほど、車両が衝突する可能性は高くなる。

従来の四差路交差点では衝突ポイントが32箇所であるのに対し、ラウンドアバウトには衝突ポイントが8箇所しかない。ラウンドアバウトでは、車両同士が直角に交差することはなく、車両が合流したり迂回したりするポイントも少ない。

ラウンドアバウトのタイトなサークルは、接近する交通に減速を強い、循環する交通に道を譲り、その後、中央の島をスムーズに移動する。その結果、ラウンドアバウトではストップ・アンド・ゴーの問題が少なくなり、燃料消費と車の排出ガスが削減され、ドライバーはより簡単にUターンを行うことができる。ラウンドアバウトでは交通が低速で連続的に流れるため、車両が停止する必要性が最小限に抑えられ、渋滞が緩和される。

連邦道路局は、ラウンドアバウトが一時停止標識のある交差点に取って代わると、重傷事故と死亡事故が90%減少し、信号機のある交差点に取って代わると、重傷事故と死亡事故が80%近く減少すると推定している。

なぜ、ある場所には他の場所よりも多く設置されているのだろうか?

エンジニアやプランナーは従来、渋滞がひどい交差点や事故の多い交差点にラウンドアバウトを設置してきた。しかし、公的支援と資金があれば、どこにでも設置することができる。

しかし、すべての交差点にラウンドアバウトが必要なわけではない。渋滞が問題になっていない場所では、都市計画者はラウンドアバウトを推進しない傾向がある。例えば、フロリダ州には約750のラウンドアバウトがあるが、ノースダコタ州、サウスダコタ州、ワイオミング州を合わせても50にも満たない。

ラウンドアバウトは、連邦道路局が最も安全な選択肢として推奨していることもあり、近年アメリカで人気が高まっている。ニューヨーク州やバージニア州のように、「ラウンドアバウト・ファースト」政策を採用している州もあり、交差点の新設や改良を行う際には、エンジニアは可能な限りラウンドアバウトを使用することをデフォルトとしている。

2000年、アメリカには356のラウンドアバウトしかなかった。過去20年間で、その数は10,000以上に増加した。ラウンドアバウトを好むと好まざるとにかかわらず、ラウンドアバウトが広く採用されていることは、この円形交差点が今後も残ることを示唆している。


本記事は、Deogratias Eustace氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「What are roundabouts? A transportation engineer explains the safety benefits of these circular intersections」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Intel Core 14th Gen Desktop Lineup
    次の記事

    Intelのゲーム最適化テクノロジー「APO」がCore i9-14900Kで最大31%のFPS向上を実現

    2023年10月26日 13:45
  • 前の記事

    Microsoft、Gooogle、Open AI、Anthropicが1000万ドルのAI安全基金を開始

    2023年10月26日 13:03
    a1c6d2f06121012a9194c1fcbd0bb4ec
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • electric vehicle

    自動車会社は電気自動車の将来に悲観し始めている

  • ethiopia

    エチオピアが内燃機関自動車を禁止する最初の国になる

  • Mercedes-Benzが人為的ミスにより驚異的な量の企業秘密やソースコードを全世界に公開してしまう

  • DB2024AU00019 large

    Vokswagen、車載音声認識システムにChatGPTを統合し会話を豊かにする

  • amd ryzen embedded v2000a versal ai edge xa 3840px

    AMD、車載チップ「Ryzen Embedded V2000A」シリーズ及び「XA Versal AI Edge」を発表

今読まれている記事