あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Apple、TSMCのアリゾナ工場からチップを購入することを明らかに

TSMCは、現在建設中のアリゾナ工場からAppleに最新チップを供給すると以前より報じられていたが、本日AppleのCEO Tim Cook氏は、同社がアリゾナのTSMCの工場からチップを購入する予定であることを明らかにした。CNBCが報じている。

Cook氏は、TSMCのアリゾナ州への投資発表の際に、Joe Biden米大統領とともにアリゾナ州を訪れていた。Cook氏は、「非常に多くの人々の努力のおかげで、これらのチップには誇りをもってMade in Americaの刻印を押すことができる。」と述べた。

今日は始まりに過ぎません。今日、私たちはTSMCの専門知識と、アメリカの労働者の比類なき創意工夫を組み合わせます。私たちはより強い、より明るい未来に投資し、アリゾナの砂漠に種をまいているのです。そしてAppleは、その成長の手助けができることを誇りに思っています。

TSMCは以前、2024年の開業時に米国でApple向けの4nmチップを製造すると報じられていた。AppleがiPhoneやiPad、Macなどに搭載しているチップのほぼすべてを担っているサプライヤーがTSMCだ。現時点では、Appleのチップは台湾で製造されている。TSMCは、Appleが生産を米国に移すことを目指しているため、アリゾナ州に2つの工場を建設している。TSMCの第1工場は2024年に開設され、4nmチップの生産を開始すると伝えられている。第2工場は2026年に開設され、生産能力を強化する可能性がある。TSMCはこの移転に400億ドルを投じる予定だ。

M1 Ultra 740x416 1

潜在的な生産能力として、TSMCは月産2万枚のウエハーを製造し、その3分の1はAppleのために確保する予定だという。また、TSMCはチップ製造技術を強化し、Appleの将来のデバイス向けに3nmチップの製造に移行する予定だ。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする