あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Appleが、9月7日午後1時(米国東部標準時)、日本時間では9月8日午前2時にスペシャルイベント「Far out.」を開催することを発表し、報道機関に宛てて招待状を送信した。

同社はこのイベントで4機種の新しいiPhoneと、より大型化したProモデルを含む3つのApple Watchを発表するとの見方が強い。

本日の発表に至るまで、多くのリーク・報道では、2022年のiPhoneのラインナップは、6.1インチのiPhone 14、6.7インチのiPhone 14 Max、6.1インチのiPhone 14 Pro、6.7インチのiPhone 14 Pro Maxになるとの情報がもたらされていた。Appleは、iPhone 12 miniとiPhone 13 miniの売れ行きが芳しくないため、今年は新しい「mini」モデルを提供しないと伝えられている。

apple far out full

iPhone 14の標準モデルについては、RAM容量の増加、バッテリー容量の増加、オートフォーカスを搭載し改良された自撮りカメラが採用されると伝えられている。

一方、Proモデルは、長い間iPhoneを特徴付けてきたディスプレイノッチを廃止し、Samsung Galaxyのようなのホール型フロントカメラの切り欠きに変更した新しいデザインを採用すると言われている。さらに、Proモデルでは、新しい4800万画素のメインカメラと、より薄いディスプレイベゼルを採用し、若干のディスプレイ大型化が図られると言われている。また、Appleの次世代チップであるA16を搭載する唯一のモデルになるとのことだ。

iPhoneの新モデルと並んで、Appleはウェアラブルのラインナップも全面的に刷新する計画だ。BloombergのMark Gurman氏の報道によると、Apple Watch Series 8には、兄弟製品よりも大きなスクリーンと、より耐久性の高いチタン製ケースを採用した新しい「Pro」モデルが登場するとのことだ。このApple Watch Proは、これまでのApple Watchで最大のバッテリーを搭載し、1回の充電で数日間使用できるようになると言われている。Series 8の全ラインアップには、発熱を知らせる新しい体温センサーも搭載されるとの情報だ。また、このイベントで発表されるかは不明だが、AirPods Proが既に発売から3年近く経過していることを考えると、近日中に新型が出てもおかしくはないだろう。実際、発売を示唆するいくつかの情報が流れている。

このイベントでAppleは、Macの新型を発表することはないと推測される。近年の傾向を見ると、同社は今年後半に2回目のイベントを開催する可能性が高い。

発表されると予想されるiPhone、Apple Watchなどの新型の情報は以下にまとめてあるのでよろしければご覧いただきたい。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする