あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Microsoftは、Windows Insiderプログラムにおいて、最新のWindows 11ベースのコンピュータ上でAndroidアプリを実行することを可能にするソフトウェアエンジンであるAndroid用Windowsサブシステムの新しいアップデートをリリースした。バージョン2211.40000.11.0は、すべてのWindows Insiderチャンネルでダウンロード可能で、新しいAndroid 13と、改善された起動速度、マウスクリックの改善、クリップボードとアプリのサイズ変更の改善など、複数の改善をユーザーにもたらしてくれる。

Android 13自体は既にベータ版という形でWindows 11で利用可能だったが、別途WSAのInsiderに入る必要があった。Android用Windowsサブシステムの2023年1月プレビューアップデートでの新機能は次のとおりとなる。

  • Windows Subsystem for AndroidがAndroid 13にアップデートされた。
  • 起動性能の向上
  • マウスのクリック入力の改善
  • クリップボードの安定性の改善
  • アプリケーションのリサイズに関する改善
  • Windowsでメディアファイルを開く際の信頼性の向上
  • アプリショートカットに対応したアプリケーションのJumplistエントリ

更新されたAndroid用Windowsサブシステムは、Microsoft Storeからダウンロード可能だ。


Source

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

コメントする