AMD Ryzen 7 5800X3DのCPUベンチマーク – ゲーム以外では性能向上見られず

masapoco
投稿日
2022年4月9日 10:09
Ryzen 7 5800X3D パッケージ

先日発表されたAMDの最新CPU「Ryzen 7 5800X3D」だが、XanxoGamingによる、ベンチマークテストによると、前回お伝えした『Shaow of the Tomb Raider』での驚くべき結果とは一転して、性能の向上は全く見られないことが明らかになった。

AMD Ryzen 7 5800X3DのリークされたCPUベンチマークによると、大きな改善は見られない

AMD Ryzen 7 5800X3Dは、Zen3コアアーキテクチャに基づき、3D V-Cacheを備えた最初で唯一のチップになる。この追加で搭載された3D V-Cacheが64MBあるおかげで、8コア、16スレッド、および約100MBという膨大なキャッシュメモリを搭載している。その反面、クロック周波数は、105WのTDPで3.4GHzベースと4.5GHzブーストと、Ryzen 7 5800Xに比べて少し抑えられている。

今回、XanxoGamingが実施した、Cinebench R23、Geekbench 5、CPU-z、Blenderなどの様々なベンチマークテストの結果によると、Ryzen 7 5800X3Dは、Ryzen 7 5800Xに比べてクロック周波数が抑えられている分スコアも低く出ることが判明した。

Cinebench R23では、CPUはシングルコアで1493ポイント、マルチコアテストで15060ポイントを記録した。同じベンチマークで、AMD Ryzen 7 5800Xは、マルチスレッドで約2%、シングルスレッドで5%高速となっている。次にGeekbench 5で、Ryzen 7 5800X3Dはシングルコアテストで1639ポイント、マルチコアテストで10498ポイントを獲得。一方、標準の5800Xは、シングルスレッドで2%高速で、マルチスレッドパフォーマンスで12%高速となっている。同様にCPU-zでは、5800X3Dはシングルコアテストで617ポイント、マルチコアテストで6505ポイントとなり、Ryzen 7 5800Xは、それぞれのマルチコアベンチマークとシングルコアベンチマークで3Dパーツを8%と7%上回っていた。

この結果を見るに、周波数の低下がそのままスコアの低下に繋がっていることが明白となった。実際に大容量のキャッシュを活かす事が出来るゲームになると抜群のパフォーマンスを発揮するが、それが活かせない場面ではかえってオーバークロック非対応であることや、クロック周波数が低めなことから、パフォーマンスの低下が見られるかも知れない。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • apple adapter dual
    次の記事

    AppleがUSB-C 2ポートの純正充電器を発売か

    2022年4月9日 10:48
  • 前の記事

    Wボソンの予想を超える測定値は、新たな「基本原理」を解き明かすかも知れない

    2022年4月9日 6:24
    040622 ec w boson feat
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • TSMC FAB18

    TSMCの3nmノードが急成長、2024年は収益の20%以上を占める可能性

  • us china

    中国、政府機関のコンピュータにIntelとAMDのプロセッサー使用を禁止へ

  • AMD Ryzen AI

    AMDの次世代モバイルチップ「Strix Point」はSnapdragon X Eliteを大きく上回るAI性能を発揮か?

  • amd fsr 3

    AMD、FSR 3.1を発表、他のアップスケーリングと組み合わせてフレーム生成が可能に

  • amd instinct mi300x

    AMD、まもなくAIチップ「MI300X」を大量出荷、市場の7%を確保する可能性が伝えられる

今読まれている記事