あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

AMD、Unreal Engine用 FSR 2.2プラグインをリリース

先日、AMDはFidelityFX Super Resolution(FSR) 2.2アップスケーリングテクノロジーのソースコードを公開した。最新バージョンは、少なくとも2ヶ月前から『Forza Horizon 5』などのゲームで利用できるようになっていたが、AMDは、より幅広い利用を想定したドキュメントの準備やプラグインのテストに、より多くの時間を必要としていた。そして本日、新たに「Unreal Engine FSR 2.2プラグイン」がリリースされたことにより、より多くのゲーム開発者が数回のクリックで最新バージョンのFSRを追加することが出来る様になったのだ。

FSR 2.2では、特に動きの速いオブジェクトでのゴーストの処理が改善されている。AMDによると、2.2はまた、ディソクルージョン(以前は隠れていたオブジェクトが見えるようになること)時のフィズリングアーティファクトを減らすための改善も行っている。全体として、2.2は、同社が今年後半にFSR 3に焦点を移す前の重要なアップグレードであり、マイルストーンであると言える。

AMDは、250以上のゲームにFSR 1またはFSR 2のいずれかが搭載されることが確定したと発表した。この数には、既存のゲームと今後発売されるゲームが含まれている。このうち、110タイトルがFSR 2をサポートする予定だ。Unreal Engineのプラグインはもちろん採用のスピードを上げるが、これは主にAMDから直接サポートを受けていないインディーゲーム開発者を対象としている。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする