あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

AMD、アップスケーリング技術「FidelityFX Super Resolution 2.2」のソースコードを公開

CES 2023でAMDは、「高速ゴースト」の処理を改善したFSR 2のアップデートを発表した。これは、オープンソースのNVIDIAのDLSSを代替するアップスケーリング技術の最新バージョンだ。その後、Need for Speed UnboundやF1 22など、いくつかのゲームでこの技術が登場したが、AMDはまだFSR 2.2をすべてのデベロッパーに公開していなかった。今回、AMDはFSR 2.2のソースコードを公式に公開し、インディー開発者や改造技術者など、誰でもこの技術を取り入れる事が可能となった。

AMDは、変更点の一覧とそれらが最終的な画像品質にどのように影響するかを示した便利なチャートを提供している。変更点のひとつは、ハイダイナミックレンジ(HDR)の改善だ。ユーザーは、「フィジング」アーティファクトの減少や時間的安定性の向上(ちらつきの減少)を期待出来るだろう。

変更点効果
内部信号の格納方法とトーンマップの方法を変更FSR 2.2 は、より多くのハイダイナミックレンジ入力に対応するようになりました。以前は、計算中にダイナミックレンジが失われることがありました。
咬合不正の検出を向上させるために変更された深度ロジックFSR2.2は、解離中に見られる「フィジング」アーティファクトのレベルを下げるはずです。
蓄積ロジックを見直し、時間的反応性を使用するように変更FSR2.2は、解離中に見られる「フィジング」アーティファクトのレベルを下げるはずです。
RCASがトーンマッピングなしで実行されるようになったFSR2.2は、RCASステップの間、より多くのダイナミックレンジを保持する必要があります。
拡張リアクティブマスクのロジックが時間運動ベクトル発散を使用するように更新されたこれは「ロック」機能を補助するために使用され、ゴーストのアーティファクトを軽減することができます。
履歴による輝度不安定ロジックの改善FSR 2.2では、時間的安定性が改善され、一部のオブジェクトでちらつきが少なくなっているはずです。

リリースノートには以下のように記載がある。

FidelityFX FSR2 v2.2.0は、FSR v2.1.2を複数の方法で改善し、全体的な画質の向上と高速ゴーストやシマーリングなどのアーティファクトの大幅な低減を継続的に目標としています。

アプリケーション側のFSR2 APIが変更されたため、2.1.2からFSR2.2へのアップデートは多少の作業が必要ですが、簡単なはずです。開発者は、最高品質のアップスケールを得るために、マスク生成に関連する変更に特に注意を払う必要があります。

また、このGitHubと他の場所で報告された、ユーザーから報告された多くの問題を修正しました。GitHubに提出されたすべての問題に対応できるわけではありませんが、すべてのフィードバックに目を通し、感謝しています。より良いFSR 2を作るためにご協力いただき、ありがとうございました。

FSR 2.2 – GitHub

AMDは、単にライブラリファイルを交換するのではなく、すべての統合を再構築することを推奨している。また、FSR 2.2には、Reactive MaskとTransparency & Composition Maskのテクスチャアップスケーリングに変更があり、微調整が必要になるかもしれないことを開発者に喚起している。

Radeonグラフィックスカードのメーカーは、AMD FSR 2がすでに110のゲームで確認されており、FSR 1はこのリストの2倍以上の250タイトルであることを確認している。

AMD FidelityFX Super Resolution 2.2のソースコードは、GitHubから入手可能だ。


Source

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share!!

関連コンテンツ

おすすめ記事

執筆者
Photo of author

masapoco

TEXAL管理人。中学生の時にWindows95を使っていたくらいの年齢。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題が得意だが、テクノロジー関係の話題も大好き。最近は半導体関連に特に興味あり。アニメ・ゲーム・文学も好き。最近の推しは、アニメ『サマータイムレンダ』

記事一覧を見る

コメントする