AMD、『Starfield』の独占PCパートナーとしてBethesdaと提携:FSR 2をサポートし、マルチスレッドに最適化

masapoco
投稿日 2023年6月28日 14:14
Starfield 04 Mountains 2060x1159 1

AMDは、Bethesdaが発売予定の超大作SF・RPG『Starfield』の独占PCパートナーとして同社を選んだ事を発表した。

『Starfield』は、『Fallout』や『Elder Scrolls』といったBethesdaが世に放つ、新たなRPG作品となる。新規IPということで、ライティング、テクスチャ、アニメーションが大幅に改善された旧CreationエンジンをベースにしたCreation 2エンジンが採用される予定だ。

Bethesdaによると、AMDとのパートナーシップにより、AMD Ryzen 7000 CPUとAMD Radeon 7000 GPUのラインナップをフルに活用し、その性能を余すところなく引き出すことができるという。BethesdaのTodd Howard氏(エグゼクティブ・ゲーム・ディレクター)は、AMDから数名のエンジニアを迎え、自社の開発チームとともにゲームの最適化を進めていると述べた。ゲーム発売時にはFSRサポート(FSR 2)が含まれ、PCとXboxシリーズコンソールのマルチスレッドチップ設計に関するさまざまな最適化も行われるという。

だが、2023年後半に発売されるメジャータイトルが、今年リリース予定のAMDのFSR 3テクノロジーをサポートしないというのは、少し不思議でもある。『Starfield』のようなメジャータイトルにFSR 3が搭載されれば、AMDにとっては間違いなく素晴らしい展開となっただろう。FSR 3のリリースにはもう少し時間が必要なようだ。

StarfieldのPC要件はすでに公開されており、最適なゲームパフォーマンスを実現するためには最低でもSSDの利用が必要となる。ゲーム内の世界の広さ、惑星やハブエリアの数を考慮すると、すべてのロードを高速化するためにSSDが必要なのも納得がいく。『Starfield』は2023年9月6日にXboxシリーズS/X、PC、Game Passで発売される。AMDはStarfieldのゲームバンドルをまだ発表していないが、この新しいパートナーシップを考えると、将来的に登場する可能性はある。Bethesdaは、NVIDIA DLSSまたはIntel XeSSが発売時に同タイトルでサポートされるかどうかは確認していない。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • DSCF4189
    次の記事

    Microsoft、光子と電子を使ってデータを処理するアナログ光コンピューターを公開

    2023年6月28日 16:19
  • 前の記事

    NASA、宇宙飛行士向けのChatGPTのようなAIチャットボットを開発中

    2023年6月28日 14:02
    Lunar Orbital Platform Gateway

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事