あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

AMD、3D V-Cacheを搭載しつつ最大5.7Ghzを達成した「Ryzen 9 7950X3D」を発表

AMDは、CES 2023の基調講演にて2024年までの最新のCPUロードマップを公開し、その中で、Zen 4コアをベースにした新しい3D V-Cache CPUのラインナップを発表した。

今回AMDが発表した3D V-Cache CPUは1つだけではなく、Ryzen 7000シリーズ全体で、Ryzen 9 7950X3D、Ryzen 9 7900X3D、Ryzen 7 7800X3Dの3つを一挙に発表した。TSMCと連携したAMDの3Dチップレット積層技術「3D V-Cache」による64MBの追加L3キャッシュのほか、Zen 4 X3D SKUは3製品ともTDPが120Wであることが特徴だ。また、これまでのX3Dチップよりもブーストコア周波数が高く、Ryzen 9 7950X3Dではコアで最大5.7GHzという驚異的なブーストを実現している

AMDs Ryzen 7000 3D lineup for 2023
Ryzen 7000X3Dシリーズラインナップ (Credit: AMD)

AMDは、3D V-Cacheパッケージング技術を採用した初のデスクトップ・プロセッサーRyzen 7 5800X3Dを発表して以来、ユーザーやゲーマーに、大容量L3キャッシュがフレームレートにもたらす効果を見せつけている。AMDとTSMCは、従来のRyzen 7 5800X3Dに着目し、既存の32MBの上に64MBのSRAMチップレットを追加し、銅と銅を直接接合するTSV(Through Silicon Via)を介して回路の完全性を確保した。

5800X3D 1
3D V-Cacheの積層イメージ (Credit: AMD)

この方法にはダイの薄型化が含まれ、3D積層チップレット、シリコンの残りの部分、統合ヒートスプレッダ(IHS)の間のパリティを可能にし、クーラーや互換性など、同じ全体的なプラットフォーム フレーム内に収まるようにダイを薄くすることが含まれる。Ryzen 7 5800X3Dとその96MBの積層型L3 V-Cacheが特定のタイトルで大きな改善を見せたように、追加のL3キャッシュは他のタイトルではその性能向上をもたらさなかった。追加のL3キャッシュの恩恵を受けるゲームの公式リストはまだない。

Ryzen 7 5800X3Dの最大の欠点は、演算性能にあった。Ryzen 7 5800Xよりもコアクロックが遅いため、レンダリングやエンコードなど、大量のL3キャッシュの恩恵を受けられないタスクやワークロードで苦戦した。AMDはその点を考慮し、今回より良いものを提供したように思われる。

コア数/スレッド数クロック周波数ブーストクロック対応メモリL3キャッシュTDP
Ryzen 9 7950X16C / 32T4.5 GHz5.7 GHzDDR5-520064 MB170 W
Ryzen 9 7950X3D16C / 32T4.2 GHz5.7 GHzDDR5-5200128 MB120 W
Ryzen 9 7900X12C / 24T4.7 GHz5.6 GHzDDR5-520064 MB170 W
Ryzen 9 7900X3D12C / 24T4.7 GHz5.6 GHzDDR5-5200128 MB120 W
Ryzen 7 7800X3D8C / 16T不明5.0 GHzDDR5-520096MB120 W
Ryzen 7 5800X3D8C / 16T3.4 GHz4.5 GHzDDR4-320096 MB105 W

Ryzen 9 7950X3D:128MBL3キャッシュ、最大5.7GHzのゲーミング向け新フラッグシップ

AMDは、3D V-Cacheパッケージング技術を全面的に採用し、L3キャッシュ128MB、コアクロック最大5.7GHzのブーストコアを搭載した16コア32スレッドという「AMD Ryzen 9 7950X3D」を発表した。

前世代のRyzen 7 5800X3Dでは演算性能で譲歩した部分が見られたが、これは電圧の低下により、コアのベース周波数とコアブースト周波数を低くする必要があったためと説明されていた。その結果、Ryzen 7 5800X3Dでは、Ryzen 7 5800Xに比べて純粋なCPUの演算性能は低下してしまっていた。

だが、最新のRyzen 7000 X3Dでは、3D V-Cacheスタックの積層シリコンの整合性を阻害することなく、同様のピークターボクロック周波数を可能にすることで、Ryzen 7 5800X3Dと5800Xで見られた、以前のパフォーマンスの相違がほとんどなくなり、純粋に膨大なL3キャッシュ分の性能向上が見られそうだ。

AMD Ryzen 7000 X3D Slide 3
Ryzen 9 7950X3D (Credit: AMD)

フラッグシップSKUで始まるRyzen 9 7950X3Dは、16コア32スレッド、最大5.7GHzのターボ周波数など、Ryzen 9 7900Xと多くの特徴を共有している。強化されたチップは128MBのL3キャッシュを搭載しており、これはCCDにプールされた既存の64MBのL3キャッシュと、TSVでスライスされた別の64MBで構成されている。ただ、公式のTDPも、通常の7950Xが170Wであるのに対し、チップの定格は120Wとかなり低くなっている。その結果、7950X3Dのベースコア周波数は4.5GHzから4.2GHzに低下している。Ryzen 9 7950X3Dはベース周波数が300MHz低くなっているが、ターボ周波数は同じ5.7GHzなので、ピーク性能は同等と言えるが、マルチスレッドが多い状況では、TDPが低いことが影響してくるのは間違いないだろう。

AMDは同時に12コアのRyzen 9 7900X3Dも発表した。Ryzen 9 7900Xと並ぶRyzen 9 7900X3Dは、L3キャッシュが2倍(64MBに対して128MB)、コアクロックは同じ4.4GHzに高速化されている。ベース周波数と消費電力が異なるだけで、Ryzen 9 7900X3DのTDPはRyzen 7000 X3Dベースの全SKUと同じ120Wで、その結果、ベースコア周波数は4.7GHzから4.4GHzに300MHz低下している。

ラインナップ3つ目は、従来のRyzen 7 5800X3Dの直接の後継となるRyzen 7 7800X3Dプロセッサーだ。96MBの大容量L3キャッシュを共有しながら、AMDのZen 4 TSMC 5nmコアがもたらす性能、IPC向上、ワットあたりの性能効率の両面のメリットを残しつつ、最大5GHzの高速ブーストコアクロックにスペックアップしている。

AMD Ryzen 7000 X3D Slide 2
(Credit: AMD)

AMDの最新X3Dベースの3D V-Cacheパッケージプロセッサ「Ryzen 9 7950X3D」「Ryzen 9 7900X3D」「Ryzen 7 7800X3D」の全3製品は、2023年2月に発売される予定であることが明らかになった。各CPUの予想希望小売価格を巡る情報は提供されていないが、Ryzen 7 5800X3Dは通常のRyzen 7 5800Xに対して100ドルの上乗せとなっていた。少なくとも同程度の価格プレミアムがつくと予想される。

また、AMDはRyzen 9 7800X3DとRyzen 7 5800X3Dの比較について、1080pの高設定で21%、Warhammer Dawn of War 3で22%、CS: GOのフレームレートで23%の性能向上を謳うなど、自社の数値を提示している。さらにAMDは、これらの性能の主張に加えて、Ryzen 9 7800X3DはDOTA 2で30%の性能向上があったと主張している。AMDは、Ryzen 9 7950X3DまたはRyzen 9 7900X3Dプロセッサーの計算性能またはゲーム性能データにまつわる社内データを提供していない。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする