あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

AMDとSamsungがGPUアーキテクチャライセンス契約の更新を発表

AMDとSamsungは、本日発表した共同プレスリリースにおいて、両社がSamsungのExynos SoC向けのGPUアーキテクチャ・ライセンス契約を更新することを発表した。AMDとSamsungの間で結ばれた最新の複数年契約は、SamsungがArmベースのExynos SoCで使用するAMDのRadeonグラフィックス・アーキテクチャのライセンスを継続するもので、両社はGPU IPの「複数世代」にわたって協力することを約束するものだ。

今回のライセンス契約の延長は、SamsungとAMDが2019年6月に最初のライセンス契約を発表してから4年弱の期間を経て実現したものだ。当時の画期的な契約は、SamsungがモバイルSoC市場で優位に立つために、自社のフラッグシップExynos SoCで使用するRadeon GPU IPをライセンスし、AMDの優れたRadeonグラフィックスIPを活用することで、Samsungが自社の内部努力でそうしなかった場合よりも早く新機能とより効率の良い設計にアクセスすることを目指すものだった。

この最初のライセンス契約は、Exynos 2200とRDNA2ベースのXclipse 920統合GPUという、単一の製品で結実した。AMDのGPU設計に切り替えたことで、SamsungはGalaxy S22携帯電話にハードウェア・レイトレーシングや可変レートシェーディング(VRS)といったPCレベルの最先端機能を他社より数ヶ月早く搭載することが出来た。

残念ながら、Exynos 2200は全体として評判の悪いSoCとなった。その理由は数多くあるが、何よりもSamsungの5nmクラスのリソグラフィ・プロセスが混乱していることが証明され、Samsungは歩留まりの問題を経験し、動作するチップがライバルTSMCの5nmクラスのノードに基づくチップを下回ることがあった。QualcommがSnapdragon 8+ Gen 1でSamsungからTSMCに世代交代したのも、この製造工程の問題からだ。そしてそれはめぐり巡って、Galaxy S23シリーズにExynosの後継が採用されなかったことにも繋がる。

SamsungがExynos 2200で抱えていた問題が何であれ、この延長は、Samsungが長期にわたってAMDのGPUアーキテクチャを使用することを約束し続けていることを示すものだ。

AMDはSamsungに「複数世代」のRadeon GPU IPをライセンスし、SamsungはそのIPを「Samsung Exynos SoCの拡張ポートフォリオ」に使用するというものだ。具体的なアーキテクチャやスケジュールは言及されておらず、Samsungが何個のSoCを検討しているのかさえも不明だ。AMDのGPU IPを使った新しいExynos SoCが1つでもあれば、それは拡張ポートフォリオになるので、全体としてこの発表はその点では非常に一般的だ。

RDNA 4 Roadmap

AMDのGPUアーキテクチャロードマップを見ると、同社は現在、2024年末までのGPUアーキテクチャをプロットしており、近日中にRDNA 4アーキテクチャを発表する。AMDの典型的な2年サイクルを考えると、このアーキテクチャは2024年後半にデスクトップ製品に搭載されると予想されるものだ。したがって、Samsungが今後18カ月以内に新しいAMD搭載SoCのリリースを検討するのであれば、AMDの最新のモバイルSoCとNavi 3x GPUに採用されている現在のRDNA 3アーキテクチャに基づくものが登場する可能性がはるかに高いと言えるだろう。そうでなければ、18カ月以上先のものは、RDNA 4の候補になるはずだが、現時点ではほとんど何もわかっていない。

一方、今回の契約は、SamsungとAMDの初期契約を2019年から延長したものであるため、初期契約での製品制限がそのまま適用されることが強く意識されている。その合意では、SamsungがAMDのGPU IPを使用してAMDと競争することを禁止し、SamsungがIPを使用するのはスマートフォンやタブレット向けのSoCに限定された。ノートPCのような大型で高性能なデバイスは対象外だった。Windows on Armの市場はまだせいぜい初期段階だが、この制限がまだ残っているとすれば、SamsungがAMD由来の設計を使って参加することはないだろうということになる。

今後のパートナーシップにとって同様に重要な問題は、SamsungとAMDが共同設計のアプローチを維持するのか、それともSamsungがより伝統的なライセンスモデルに回帰するのか、ということだ。当初の契約で最も注目されたのは、SamsungとAMDがSamsungのSoCに使用されるXclipse GPUを共同で設計していたことだ。4年と1製品が経過した今、これが両者にとって本当にうまくいっているのか、外から見ているとよく分からない。しかし、理論的には、コラボレーションから得られるメリットはすべて残っているのだから、両者がこのアプローチを続けていると分かっても不思議ではない。

最後に、今回の発表は、AMDがGPU IPのライセンスビジネスを継続することに満足していることを示す最新の証拠となる。セミカスタムゲーム機との契約とSamsungとの契約の間で、AMDのGPUアーキテクチャは、PCの市場シェアの数字が示すよりもはるかに広く使用されている。また、他のチップメーカー向けにGPU IPを設計・改良することは、いくつかの機会費用のトレードオフを伴うが、会社にとって保証された収益源となるため、同社は積極的にこれを行っている。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする