あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Alauda Aeronautics社は本日、「Airspeeder MK4」(乗員付きバージョン)を公開した。同社は声明で、この一人乗り電動レーシングマシンは、350回以上の試験飛行と2回のデモレースを経て、最高速度360km/h、航続距離300kmを達成したと述べている。

Airspeederは2019年に国際的な公開デビューを果たし、2021年初頭にフルサイズのワーキングプロトタイプを発表した。多くのテストと調整を経て、同年末には遠隔操縦によるドラッグレースが行われ、2022年にはアデレード近郊の1キロメートルのサーキットで無乗員のEAXシリーズによる直接対決が行われた。

Airspeeder 02
(Credit: Alauda Aeronautics)

CEOのMatt Pearson氏は、メーカーやモータースポーツチームに対して、まだ始まったばかりの電動レースサーキットに参加するよう呼びかけました。「私たちは、各分野で最も高い技術を持つパイロットが搭乗するブレード・トゥ・ブレード・レースで戦う車両を展示します」と、彼は声明で述べている。

同社によると、最初の有人レースは2024年に行われる予定だ。昨年10月には、リモコン操縦による最初の無人レースが行われ、墜落事故はなかった。

Airspeeder 03
(Credit: Alauda Aeronautics)

機体は、全長5.73m、全幅3.62m、全高1.44m、重量950kgのレーシングeVTOLであることが判明している。最高速度360km/hには30秒で到達できるとしている。動力は1,000kW(1,340馬力)のターボジェネレーターで、Alauda はグリーン水素を燃料として使用できる可能性があるとしている。

eVTOLの多くはチルトローターで操縦するが、Mk4はジンバル式推力システムを採用している。人工知能(AI)フライトコントローラーが、3Dプリントされたジンバルに取り付けられた4組のローターを調整する。この設計により、従来の回転翼機よりも正確な操舵が可能になったとのことだ。

Airspeeder 04
(Credit: Alauda Aeronautics)

Pearsonは未来を見据えて、空飛ぶクルマが普通に空を飛ぶ日を予測している。

「”Tesla “と同じ価格で空飛ぶクルマを販売できるようになれば、一気にバランスが崩れるでしょう」と彼は言う。「現在、自家用車は約300対1でタクシーより数が多いので、人々が自分の空飛ぶ車を所有し運転する可能性は絶対に大きいです。」

乗員付きMk4は今四半期中に飛行試験を開始する予定だ。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする