私たちのオンライン生活を変えるかもしれない5つの新潮流

The Conversation
投稿日 2023年2月22日 6:30
vr headset

私たちがオンラインで生活する方法は、急速に変化している。人工知能(AI)、バーチャルリアリティ、そしてブロックチェーン(取引のデジタル記録の一種)などの技術革新は、ソーシャルメディアから人々や企業が創造性からお金を稼ぐ方法まで、あらゆるものに影響を与え、オンラインの世界を大きく変貌させようとしている。

変化のスピードに戸惑いを感じているなら、大きなインパクトを与えようとしている5つのトレンドについて知っておくべきことをご紹介しよう。

1.ジェネレーティブAI

AIや、より具体的な機械学習(ソフトウェアが経験を積むことでタスクを向上させること)は、すでにオンラインショッピングの際のおすすめ商品のパーソナライズや、Alexaなどのデジタルアシスタント、テキストの自動翻訳に利用されている。この技術の用途は、今後ますます広がっていくだろう。企業によるAIの革新的な利用法は、人々が将来どのようにこの技術を利用するようになるかを示しているのかも知れない。

AIを搭載したチャットボット「ChatGPT」は、知名度の高い例だ。Microsoftは最近、このチャットボットの親会社に100億米ドルの投資を行い、こうしたオンラインツールがいかに真剣に受け止められているかを示した。

一部のジャーナリストは、MicrosoftとGoogleの「AI戦争」の始まりと見ている。後者は、検索エンジンにAIを組み込んで、人々が得る答えを改善している。Jasper.aiもまた、先進的なAIの利用法のひとつだ。このオンラインサービスは、ブログ、ソーシャルメディアの投稿、手紙などの文章コンテンツを生成する。

一方、Facebookを所有するMetaは、「テディベアが肖像画を描く」といったテキストプロンプトからビデオを生成できるAI搭載ソフトウェアの開発に取り組んでいる。これは、DALL-EやStable Diffusionなど、テキストから画像を生成するオンラインツールの次のステップと見なされている。

2.メタバース

「メタバース(Metaverse)」は、VR(バーチャルリアリティ)ヘッドセットを使うことで、ネットの世界をよりリアルに近づけようとするものだ。ソーシャルメディア上で2次元のプロフィールと対話する代わりに、VRヘッドセットを装着して、3次元の仮想世界でアバターとして表現される。アバターは、現実世界を模した空間の中で、他のアバターとコミュニケーションをとることができます。オンラインショップも3D仮想空間となり、日常生活と同じような感覚で買い物ができるようになる。

先進的なVRヘッドセットの新しい波は、メタバースを促進するのに役立つだろう。3D世界とのインタラクションをより瞬時に、よりリアルにすることができるアイトラッキングや、3Dアバターがユーザーの態度を確実に再現する顔の表情検出などの高度な機能が搭載される可能性がある。AppleとQualcommは、2023年に発売される新しいVRヘッドセットを開発しているが、その機能の詳細については伏せられている。

YouTubeとMetaは、360度動画や画像、CGオブジェクト、背景のライブラリを構築中で、これらの仮想世界でアバターが探索する3D環境の構築に使用することができる。

3.デジタル証明書

メタバースで使用するために設計された360度ビデオやCG風景のオーナーは、そのデジタル作品を販売したいと思うだろう。不正使用を防ぐために、NFTと呼ばれる一種のトークンが、これらのデジタルコンテンツの真正性と所有権の証明書を提供することが出来る。

この非代替性トークンによって、コンテンツは安心して売買できるようになり、これは暗号通貨の使用でますます実現されていることだ。2022年には、YouTube、Facebook、Instagram、Twitterが、ユーザーと広告主に対してNFTを導入した。VisaとMastercardも、クレジットカードやデビットカードでNFTを購入できるようにした。

NFT市場は最近下落したが、米国証券取引所NASDAQの予測では、2023年にトークンが好調に推移する可能性があるとされている。

4.ブロックチェーン

ブロックチェーンと呼ばれる一種のデジタル記録、または台帳は、オンライン上の人々のプライベートなネットワークを支え、荒らしやストーカー、詐欺から解放された安全な空間を提供するのに役立つだろう。ブロックチェーンは、情報の閲覧を少数の人に限定することができ、また、ブロックチェーンが提供する活動記録は変更することができない。つまり、ネットワーク上での不正な活動は即座に追跡可能なのだ。

また、単一のサーバーではなく、コンピュータのネットワークに情報が保存されるため、ハッキングがより困難となる。ブロックチェーンを活用できる新しいタイプのオンラインコミュニティの例として、DAO(分散型自律組織)がある。これらのネットワークは、他の場所で使用されているトップダウン管理を破棄し、中央の権威を持たない、より民主的なガバナンスの形態を採用している。

Mastodonというソーシャルプラットフォームは、DAOと多くの面で共通している。最近、Elon Musk氏の買収をきっかけに、100万人以上のユーザーがTwitterからこのプラットフォームに移行したことが話題になった。

5.ワークフルエンサー

企業はソーシャルメディアのインフルエンサーの台頭に注目し、ターゲットオーディエンスにアプローチするために彼らのアプローチを採用している。彼らは、従業員の支持者、または「ワークフルエンサー」と呼ばれる人たちを活用している。企業は、従業員のソーシャルメディアのプロフィールや投稿が、企業のアカウントよりもブランドをよりよく伝える可能性があることに気づいている。

従業員によるソーシャルメディアへの投稿は、よく考えて作られたものであれば、他のユーザーには企業広報よりもはるかに信憑性があるように見えるものだ。人々は、仕事上のマイルストーンや業績に関するストーリーを作るだけでなく、日々の仕事生活についてより正直に話すようになったのだ。

組織は、チームや従業員が会社のためにコミュニケーションし、資料を配布することを奨励する手順を構築する可能性がある。


本記事は、Theo Tzanidis氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Five emerging trends that could change our lives online」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • eVTOL racing Airspeeder Mk4 hero
    次の記事

    Alauda Aeronautics、世界最速のeVTOL「Airspeeder MK4」を発表

    2023年2月22日 6:48
  • 前の記事

    今後数年間、メモリ市場の大部分はサーバ用DRAMが占めるとの予想

    2023年2月22日 6:09
    ram module

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事