ドイツLilium、世界初となる商業eVTOLの販売を発表

masapoco
投稿日
2023年10月22日 12:04
3000x2000 LLM EMCJet

ドイツのeVTOLメーカーであるLiliumは、テキサス州ヒューストンを拠点とするEMCJETという総合航空仲介・管理会社とパートナーシップを結び、プライベートジェット市場に参入した。この契約では、EMCJETが同社のパイオニア・モデルの生産枠を5つ持つことが明記されており、個人向け顧客に販売する航空機の最初の生産枠を確保した。

Liliumのアメリカ大陸におけるパートナーシップとネットワークの責任者であるMatthew Broffman氏は、「我々はテキサスをクラスターとして見ているので、テキサスから始めた」と述べ、ダラス・フォートワース、オースティン、ヒューストンのような大都市圏と、リージョナルジェットサービスが届かない他の地域の小さな町や郊外地域とを結ぶことができると指摘した。

ヘリコプターのように垂直に離陸し、飛行機のように飛行するLiliumのシングルパイロット、7人乗りのパイオニアは、空港とヘリポートの両方に着陸できるように設計されている。人里離れた小さな飛行場にもアクセスできる。

2. Lilium
(Credit: Lilium)

価格は1000万ドル(15億円)で、同社の高級モデルで特別仕様の「Pioneer」は、顧客が指定したさまざまな内装モジュールでカスタマイズできるように設計されている。Broffman氏によれば、ヨーロッパとアメリカのモデルの違いは、機体を充電するプラグの形状だけだという。

Pioneerの予想巡航速度は時速175マイル(281km)、航続距離は約155マイル(249km)である。Lilium社によると、機体全体に30個のファンを配置した設計はeVTOLの中でもユニークで、ファンの1セットが故障した場合に備えて冗長性を持たせている。また、Pioneerは従来の航空機よりも静かで、二酸化炭素排出量もゼロである。

ほとんどの競合他社とは異なり、Lilium社は、先進航空モビリティ(AAM)分野のリーダーとされる米国の新興企業2社、Joby Aviation社やArcher社のようなエアタクシーのネットワークを構築するのではなく、民間市場向けに航空機の販売を開始することを選択した。「テキサスを選んだ理由のひとつは、空港インフラが充実していたからです」とBroffman氏は言う。「私たちは、空域や空港を破壊することなく、こうした場所に乗り込むことができます。充電ステーションをいくつか追加するだけで、既存の施設を利用できるのです」。

2. Lilium Showjet Photo 03
(Credit: Lilium)

EMCJETは、航空機の販売だけでなく、同社が管理する従来のビジネスジェット機と同様に、eVTOLフリートのメンテナンスやその他のサービスも提供する。Lilium社は、技術的およびその他のサポートを提供する。

第2段階は、ディーラー基地を設立した後、他の地域で地域プロバイダーになるためのインフラを確立することである。オーランド、タンパ、南フロリダを結ぶネットワークは3年前に発表されたもので、最初のプライベートジェットが到着した1年後に稼動させる計画とのことだ。

Liliumは2025年に航空機の型式証明を取得し、その直後に最初のモデルが米国に到着すると見込んでいる。同社は当初、認証取得年を2024年と予想していた。計画の突然の変更は騒動を引き起こし、一部のアナリストは航空機のマルチファン設計を非難し、他のアナリストはLilium社の将来のバッテリー技術に関する予測が楽観的すぎると述べた。

2 Lilium PioneerEdition TopDown
(Credit: Lilium)

現在、Liliumはスペインの施設でパイロットなしで航空機をテストしている。Joby社とArcher社もカリフォルニア州で航空機の試験を行っており、イギリスのVertical Aerospace社も同様である。

Liliumは、米国内で他の “クラスター”を見つけ、地域のディーラーを設立する計画だ。Liliumの最高商業責任者であるSebastien Borel氏は声明の中で、「ディーラーや航空機管理会社は、リリウムとジェット機販売で提携し、信じられないほど効率的な運航を行いながら、……高度な飛行体験を提供することを熱望している」と述べた。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • apple siri
    次の記事

    Appleは1500億円をかけてiOS 18で生成AIを取り入れ、Siriの大改革を実行する

    2023年10月23日 5:54
  • 前の記事

    人類が発見した化合物は“わずか1%”に過ぎない – 世界を変える可能性を秘めた化合物の探索方法とは?

    2023年10月22日 9:57
    chemistry
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • AIが航空管制官の代わりになれない理由

  • Sirius jet 1

    世界初の水素駆動VTOL「Sirius Jet」が登場

  • lta research airship3

    Google創業者の120メートル巨大飛行船が飛行許可を取得

  • MIT MegawattMachine 01 0

    MITが開発した“メガワット級”電気モーターが電動航空機への道を切り拓く

  • catl battery 1

    CATLの新しいバッテリー技術は、電気飛行機を実現に近づける

今読まれている記事