あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

世界トップの電気自動車用バッテリーメーカーである中国のContemporary Amperex Technology(CATL)は、現在主流の電気自動車用バッテリーの2倍以上の密度を誇る画期的なバッテリーを発表し、2023年中にも量産を開始する計画を明らかにした。

現在のテクノロジーの技術革新を促した要素の1つに、リチウムバッテリーの普及が挙げられる。スマートフォン、ドローン、小型で強力な掃除機や、長距離走れる電気自動車、そして、バッテリー駆動の航空機などがその例だ。これらは、リチウムイオン電池の高い重量エネルギー密度(ニッカド電池の約3倍、ニッケル水素電池の約2倍)があったからこそだろう。

だが、エネルギー貯蔵量は多いに越したことはない。特に航空機の世界では、エネルギー密度(電池1kgあたりに蓄えられるエネルギー量)が重要な指標の一つとなっている。そして、CATLは、新しいベンチマークを設定する準備が整ったと述べている。

リチウムベースの凝縮型バッテリーは、水曜日の上海モーターショーで発表され、CATLは「最大500Wh/kg」という超高密度なエネルギー密度を実現したバッテリーを発表した。TeslaのModel Yに搭載されている4,680個のバッテリーセルは、約244Wh/kgとされている。

catl battery 2
(Credit: CATL)

CATLによると、この新しい電池は、「超高エネルギー密度の正極材料、革新的な負極材料、セパレータ、製造プロセス」の革新を特徴とし、「高導電性の生体模倣凝縮状態電解質を使用して、鎖間の相互作用を調整できるミクロンレベルの自己適応型ネット構造を構築」、性能、効率、安定性を改善する。

これまでにない重量エネルギー密度という数字以外は、現時点ではほとんど明かされていない。例えば、体積エネルギー密度や出力密度の点で、このセルが何を提供するかはまだわかっていない。CATLは、「優れた充放電性能と優れた安全性能」を実現するとしている。

CATLは、この最先端のバッテリー技術により、より軽量なパッケージで高い安全性を実現し、電動モビリティ(特に電動旅客機)の全く新しいシナリオを可能にすると述べている。CATLは、すでに電気飛行機の開発パートナーと協力し、航空レベルの安全性、品質、テスト基準を学び、実践していることを明らかにした。

同社は、凝縮された電池の大量生産を短期間で実現できると考えているという。この新しい電池が電気飛行機に組み込まれる前に、CATLは自動車用グレードのものを発売するとしており、これは今年中に量産に入る予定だそうだ。

もし、このEV専用セルが500Wh/kgに近ければ、長年の懸案であった固体電池の実用的なスケールアップが待たれる中、オール電化のゲームチェンジャーとなる可能性がある。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする