あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

米国商務省産業安全保障局は今週、米国の輸出管理規制に違反したとして、Seagateに3億ドルの罰金を課した。同ストレージ会社は、2020年に米国政府が中国企業に対して課した制限に直接違反し、2020年から2021年にかけて740万台のハードディスクをHUAWEIに出荷したことを認めている。これらの行為を受けて、産業安全保障局はSeagateに対して同局史上最大の単独罰金を課した。これをSeagateが完済するのには数年かかる。

2019年~2020年にかけて、米国商務省産業安全保障局(BIS)は、HUAWEIとそのほぼすべての子会社をEntity Listに追加し、米国の技術を搭載した製品、物品、サービスをHUAWEIに供給する場合、あらゆる企業(米国ベースまたは外国)が米国商務省から輸出許可を取得しなければならない輸出規制を課した。

HUAWEIにかけられた輸出規制は、主に半導体に関わるものだった。特に、「米国のソフトウェアまたは技術から」米国などで開発または製造されたチップは、2020年8月に施行された規則では、米国のチップとみなされる。しかし、Seagate社のハードディスクは、コントローラやメモリに米国設計のEDAツールや米国製の機器を利用しているため、輸出規制品目に分類される。

注目すべきは、BISによる輸出ライセンスの取得が多かったことで、HUAWEIは米国企業や多国籍企業から多くの必要品を入手することができた。しかし、Seagateの場合はそうではなく、無許可での輸出を選択した。同社は2020年8月17日から2021年9月29日の間に、約742万台、11億400万ドル相当のハードディスクを、429回にも及ぶ無許可でHUAWEIに出荷した。これは1回のミスではなく、同社が和解の一環として認めたように、むしろ意図的な商行為であったことを意味する。

2020年8月に東芝とWestern Digitalの両社が米国当局の承認なしにHUAWEIへのHDDの販売を中止したため、SeagateはHUAWEIの唯一のハードディスク供給会社となった。その後、両社は3年間の戦略的協力協定を締結し、Seagateに他のHUAWEIのサプライヤーに対する優先権を付与しました。さらに、2021年3月、SeagateとHUAWEIは、500万台以上のHDDの購入を含む長期契約を締結した。その結果、他のハードディスクメーカーが輸出を控える中、SeagateはHUAWEIの「主要戦略サプライヤー」となった。

「Seagateは、HUAWEIが国家安全保障に反する行為を行ったとして事業者リストに掲載され、競合他社が海外直接製品規則により販売を停止した後も、ファーウェイにハードディスク・ドライブを送り続けていました」と、輸出執行担当次官のMatthew S. Axelrod氏は述べている。

和解契約の条項に基づき、Seagate社は米国商務省に3億ドルの罰金を支払うことになる。同社は、2023年10月31日から5年間にわたり、四半期ごとに1,500万ドルの分割払いを行い、罰金を分割払いする予定だ。BISは、3億ドルはSeagate社が輸出規則に違反して得た利益の2倍であると主張している。

また、両者は、Seagateが輸出管理規則を遵守していることを確認するために3回の監査を実施し、1回はSeagateが選んだ独立した第三者コンサルタントが監査を行うことに合意した。これに伴い、BISは本合意の取引に関連する違反行為について、Seagateに対してさらなる行政手続きを開始することはない。

「本日の措置はその結果であり、当機関史上最大の単独行政処分となりました。この和解は、私たちの国家安全保障と公平な競争条件を確保するために私たちの執行チームが取り組む、企業がBIS輸出規則を厳格に遵守する必要性を示す明確な呼びかけとなります」と、Axelrodは述べている。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする