あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

洞窟の中で1年半も一人で過ごすのは、多くの人にとって悪夢に聞こえるかも知れない。しかし、スペインのアスリート、Beatriz Flamini氏は明るい笑顔で現れ、自分の本を仕上げるためにもっと時間が残っていると思ったと述べた

彼女は、人間の耐久性の素晴らしい偉業の間、ほとんど外界と接触することはなかった。500日間、彼女は自分の体験を記録し、科学者が極度の孤立がもたらす影響を理解するのに役立てた。

2023年4月12日、彼女が洞窟から現れたとき、最初に明らかになったことのひとつは、時間というものがいかに流動的で、時を刻む時計よりも、自分の性格的特徴や周囲の人々によって形作られるということだ。

Flamini氏は、記者団の取材に応じ、時間の感覚を急速に失っていったと説明した。サポートチームが迎えに来たとき、160~170日しか経っていないと思い込んでいた彼女は、時間切れに驚いてしまったほどだ。

なぜ彼女は時間の感覚を失ってしまったのか?

私たちの行動や感情、環境の変化は、私たちの心が時間を処理する方法に強力な影響を与えることがある。

多くの人は、太陽が昇り、沈むと日が暮れ、仕事や社会生活が始まると時間が過ぎるのを感じる。しかし、地下の洞窟の中では、他の人と一緒に行動することができないため、時間の経過を示す多くの信号が消えてしまう。そのため、Flamini氏は時間を把握するために心理的なプロセスに依存するようになったのかも知れない。

私たちが時間の経過を把握する方法のひとつに「記憶」がある。いつから何をしているのかわからない場合、その出来事で形成された記憶の数を時間の経過を示す指標とする。ある出来事や時代に形成された記憶が多ければ多いほど、私たちはその出来事が長く続いたと認識するのだ。

何もない単調な日々よりも、斬新でエキサイティングな出来事がたくさんある忙しい日々の方が、一般的に長く記憶に残る。

Flamini氏にとって、社会的交流がないことに加え、家族や時事問題(ウクライナ戦争、COVIDのロックダウン後の社会再開)についての情報がないことが、隔離中に形成する記憶の数を著しく減らしたと思われる。Flamini氏自身はこう述べている:「私はまだ2021年11月21日に囚われている。世界のことを何も知らない」。

時間の喪失は、洞窟生活における時間の重要性の低下を反映しているのかも知れない。外の世界では、現代生活の忙しさや、時間を無駄にしないようにという社会的なプレッシャーから、多くの人が恒常的に時間的なストレスを感じて生活している。私たちにとって時計は、大人としてどれだけ生産的で成功したかを示す指標なのだ。

共通すること

環境が変わると時間の感覚が変わるという体験は、Flamini氏が初めてではない。1960年代から70年代にかけて、フランスの科学者Michel Siffreが2カ月から6カ月にわたる洞窟探検で同様の体験をしたことが報告されている。

時間の感覚の喪失は、冷戦の最盛期に核シェルターに長期間隔離されて過ごした大人や子どもから一貫して報告されている(研究目的のため)。また、服役中の人々からも頻繁に報告されており、COVID-19のロックダウンの際には一般市民にも広く体験された。

洞窟、核シェルター、刑務所、世界的な大流行には、時間の感覚を変えるような2つの特徴がある。それは、広い世界から私たちを孤立させ、狭い空間を伴うことだ。

しかし、Flaminiしは、未来に広がる空白のスケジュールを抱えて生きていた。仕事の打ち合わせもなく、急ぐ約束もなく、社会的な日記も管理できない。

彼女は、好きな時に食べ、眠り、読むことができるマイペースな生活を送っていた。絵を描き、運動し、自分の体験を記録することに没頭した。そのため、時間の経過が気にならなくなったのだろう。

睡眠、喉の渇き、消化などの生体リズムが時計の針に取って代わられ、Flamini氏は時間の経過に注意を払わなくなり、やがて時間を忘れてしまったのかも知れない。

Flamini氏の時間を手放す能力は、500日という目標を達成したいという強い思いがあったからこそ、高まったのかもしれない。結局、彼女は洞窟に入ることを決めたのだから、帰ろうと思えば帰れるのだ。

自分の意思に反して監禁された人々にとって、時間は牢獄そのものになりかねない。戦争捕虜や服役中の人は、時間の経過を監視することが強迫観念になってしまうことがあると、よく報告している。私たちは、時間をコントロールすることで、初めて時間を手放すことが出来るのだろう。

Flamini氏の自由な発想は、文明を捨てて洞窟に行くことを魅力的に見せるかもしれない。しかし、地下での生活は気の弱い人には向かない。生き残るためには、高い精神的回復力を維持できるかどうかが重要なのだ。

もしあなたが、困難な状況でも冷静沈着で、自分の行動は自分でコントロールできるという強い信念を持ち、自分の考えに没頭しやすい人であれば、成功するための不屈の精神を持っているはずだ。しかし、通知機能をオフにし、カレンダーを消去して、自分の時間に没頭する方がシンプルだと思うかも知れない。


本記事は、Ruth Ogden氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Woman spends 500 days alone in a cave – how extreme isolation can alter your sense of time」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする