あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

呼吸器系の病気にかかると、しつこい咳が何週間も何ヶ月も続くことがある

公共の場に足を踏み入れたとき、誰かの咳払いを聞かなかったのはいつ以来だろうか?その音にたじろぐこと3年、多くの人が咳き込んでいるのを聞くと不安になる。そして咳をしているのが自分だったら、恥ずかしくなることもあるかも知れない。

しかし、自分だけではないことを知り、安心して欲しい。上気道感染症の後に咳が長く続くことは、意外とよくあることなのだ。そして残念ながら、2022年の秋から2023年の冬にかけて、季節性インフルエンザ、COVID-19、呼吸器合胞体ウイルス(RVS)の感染者が増加するため、最近咳が多くなっている

咳はこの種の呼吸器感染症によく見られる症状で、咳を訴えて受診する人は年間約3,000万人と推定されている。そのうちの4割は私のような呼吸器科の医師が受診している。

しつこい咳はどこにでもあるものなので、医療関係者は効果があるとわかっている治療法を数多く持っていると思われるかも知れない。残念ながら、それは咳をする理由によって異なる。しかし、上気道感染症の後の咳は、通常、時間が経てば治まるのだ。

towfiqu barbhuiya jthScuVWT0 unsplash

咳のしくみ

上気道ウイルスや細菌に感染すると、なぜ咳の持続時間が大きく異なるのか、医師は長い間不思議に思っていた。その答えは、喘息や慢性気管支炎のような疾患の有無など、人による違いにあると思われる。私の診察室でも、これと同じようなばらつきが見られる。長期にわたって咳が続く患者さんもいれば、すぐに咳が止まる患者さんもいるが、これには明確な説明がない。

咳は、鼻や喉など気道内の神経間の電気的インパルスから始まる複雑なプロセスによって起こる。外部からの刺激に反応して咳を誘発する神経には、化学的受容器と機械的受容器と呼ばれる機械的なものの2種類が存在する。化学受容器は匂いや煙に反応する。熱い鉄板の上でジュージューと音を立てている唐辛子を吸い込むと咳き込むことがあるのは、このためだ。機械受容器は、ほこりなどの刺激に反応する。

この神経が活性化すると、のどが閉じ、胸の圧迫感が増す。この圧力によって、空気や粘液が時速800km(世界最速の車の約2倍の速さ)で肺に流れ込むのだ。

ウイルスに感染すると、この神経の感受性が変化することが研究で明らかになっている。ウイルスに感染すると、炎症の過程でブラジキニンという分子が生成され、咳の衝動に駆られるのだ。そして、ウイルスそのものが、これらの神経経路の感度を高める遺伝子変化を活性化し、より多くの咳を引き起こすことが知られている。

しかし、感染の急性期が終わり、体調が良くなってくると、体は気道や肺の炎症によって引き起こされたダメージを修復する。この過程で、咳の反射も弱まる。そして、咳やくしゃみを頻繁にさせていた分子的なプロセスが落ち着き、通常の状態に戻るのだ – 少なくともほとんどの場合は。しかし、残念ながら、このプロセスに時間がかかる人もいる。

咳が出るまでの時間を知る

医師は、咳のような呼吸器系の症状を特定のカテゴリーに分類することが有用であると考える。

咳には大きく分けて、急性、亜急性、慢性の3つのタイプがある。急性の咳は、ほとんどの人がウイルス感染で体調を崩したときに経験するものだ。亜急性の咳は、上気道炎の後、3週間以上続くものである。そして、慢性咳嗽(がいそう)は、12週間以上続く咳だ。慢性の咳は、喘息、鼻汁後、そして意外かも知れないが逆流性食道炎が最も一般的な原因となっている。

感染後咳嗽は亜急性咳嗽の一種で、呼吸器感染症が治った後に多くの人が出る長引く咳のことだ。数週間から数ヶ月続くこともあり、慢性咳嗽に移行することもある。

感染後咳嗽は非常に一般的であるため、医師は長い間、他の症状が治まった後に咳が続く人が何人いるのかを明らかにするために努力してきた。この推定値は研究によって異なる。日本のある小規模な研究によると、亜急性および慢性の咳をする人のうち、12%は呼吸器感染症に起因していることが判明した。

COVID-19に関しては、現在までの最良の証拠は、感染後に慢性咳嗽を発症した人の割合はわずか2.5%であることを示している。この数字は小さく見えるかも知れないが、米国では2023年2月初旬の時点で、1週間あたり28万人以上のCOVID-19の新規患者が発生していることを考えると、多くの人が咳き込んでいることになる。しかし、感染後の咳を調べる研究は小規模なものが多く、COVID-19に感染して医師の診察室や遠隔健康診断に現れた人だけを評価対象としているので、実際の数は不明だ。

anastasiia chepinska eGjHhmC 3ww unsplash

簡単な治療法はない

米国胸部疾患学会と欧州呼吸器学会は、咳の診断と治療に関して、臨床医がこれらの不確実性とデータの少なさを克服するためのガイドラインを発表している。米国のガイドラインは2006年に発表されましたが、現在でも臨床医とその患者にとって最良のエビデンスを示している。

約半数の患者さんは、何も治療をしなくても咳が治る。そうでない患者さんについては、限られたデータの中で、吸入薬、ステロイド、麻薬、ある種の市販薬が一部の人に緩和をもたらす可能性があることが示唆されている。

成人の場合、さまざまな治療法の有効性を示すエビデンスは混在しており、限られたものだ。私の診療所では、Tessalon Perlesという商品名で販売されているBenzonatateという非麻薬性の咳止めをよく処方している。これは肺と気道の神経を麻痺させ、咳の反射を静めることで効果を発揮する。小児の治療に関するデータも同様に不足しており、市販の咳止めや抗ヒスタミン剤はプラセボと比較して効果がなかったという研究結果もある。

また、患者さんによっては、家庭療法が重要な役割を果たすことがある。多くの人が蜂蜜を愛用し、その効果の裏付けとなる限定的な証拠もある。ある臨床試験では、3日間にわたり、蜂蜜はプラセボよりも咳を鎮める効果があることが示された

疑問がある場合は、医師に相談しよう

しつこい咳に悩まされるのは無理もないことだ。しかし、ほとんどの咳は、最終的には自然に治る。しかし、体重が急激に減ったり、血を吐いたり、寝汗をかいたり、痰がたくさん出るようであれば、かかりつけの医療機関に相談する必要がある。まれに、亜急性および慢性の咳は、肺がんや様々な慢性肺疾患の兆候である場合がある。

単に神経質になっているだけで、もっと詳しい情報やアドバイスが欲しいということであれば、それだけで主治医に確認する理由になる。結局のところ、咳は毎年何百万人もの診察の背後にある理由なのだ。


本記事は、Kyle B. Enfield氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「A nagging cough can hang on for weeks or months following a respiratory illness – and there is precious little you can do about it」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする