あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

ゲームは人々が考えているよりも健康に悪影響を与えるものではないかも知れない

ゲームのやり過ぎは、時に感情のコントロールに問題を来したり、食生活が乱れたり、睡眠パターンが不規則になったりと、さまざまな健康問題を引き起こすと一般に考えられている。しかし、新たな研究によると、こうした通説に反し、ゲーマーは実は予想以上に健康である可能性がある事が示唆されている。

今年現在、世界中で30億人以上がビデオゲームをプレイしていると推定され、そのうち約55%が男性である。ゲーマーは主にスマートフォンやタブレットで、平均して週に約9時間半をゲームに費やしている。

中毒と熱心が区別されていない現状

しかし、この産業の急速な拡大とともに、ゲーマーの健康に対する懸念も高まり続けている。それは、近年、インターネットゲーム障害(Internet Gaming Disorder: IGD)(または単にゲーム障害と呼ばれることもある)が、ビデオゲームをプレイする頻度をコントロールするのに苦労する人々に現れる精神疾患として正式に認識されるようになった事からも明らかだろう。

IGDに罹患すると、社会的な人間関係を維持するのが難しくなったり、気分が不安定になったり、まれにではあるが暴力を振るったりするなど、さまざまな行動的・感情的な問題を経験することがある。しかし、この新しい分類の精神障害が登場したにもかかわらず、その診断には依然として議論の余地があるのも事実だ。

IGD診断に対する一般的な批判のひとつは、中毒症状を示すような病的なゲーマーが示す不健康なゲーム習慣と、「熱心なゲーマー」のゲーム習慣を区別していないことである。熱心なゲーマーも、週にかなりの時間をビデオゲームに費やしているが、ネガティブな影響が出ているわけではない。

今回、ルシダーデ大学のCatarina N. Matias博士らが着目したのはこの点だ。

「病的でなく、非常に熱心なゲーマーという特殊な集団の習慣と健康状態を調べることで、集中的なゲームと問題のあるゲームの違いについて重要な情報を得ることができます」と著者らは説明している。

加えて、こうした研究によって、IGDに関連する保護因子と危険因子、そしてどのようにIGDを発症するかについても明らかにすることができると著者らは考えている。

ゲーマーの習慣を測定

研究チームは2021年9月から2022年5月までの期間に、ポルトガルから235人の参加者(85.1%が男性)を募集した。研究に参加するためには、参加者はポルトガル在住で、18歳から60歳で、調査前の段階で週7時間以上ビデオゲームをプレイする習慣があることが前提だ。

参加者はそれぞれ、ライフスタイルやゲーム習慣について質問された。これには、年齢、性別、居住地域、生年月日、教育レベル、配偶者の有無に関する社会人口統計学的情報が含まれた。

次に、ゲームの種類、プレイ時間、画面を見る時間など、ゲームの行動や習慣について質問された。また、サプリメントの摂取、コーヒーやエナジードリンクの摂取、ゲーム中の間食の習慣など、栄養状態についても質問された。

さらに、参加者の健康と幸福を全般的に評価するため、研究チームは、参加者に国際身体活動質問票International Physical Activity Questionnaire)を受けてもらった。この研究では、身体活動量は、強度と中強度の身体活動の日、時間、分の合計として計算された。

研究者らはまた、参加者の睡眠の量と質も調べた。これは、睡眠の質を測定するために考案された19項目の自己報告式質問票であるピッツバーグ睡眠質問票Pittsburgh Sleep Quality Index)によって行われた。

この質問票には、主観的睡眠の質、睡眠潜時、睡眠時間、睡眠障害など、睡眠の7つの要素を計算するための採点キーが含まれている。加えて、参加者は自分のクロノタイプ・プロフィール(身体の自然な睡眠覚醒サイクル)を確認するために、朝夕のアンケートも行われた

最後に、参加者は総合的な精神的健康と幸福度を評価するためのいくつかのテストを受けた。また、IGDの9つの診断基準を含むIGD尺度のスコアも評価された。

熱心なゲーマーの健康状態

研究者たちは、「中毒の有病率の低さ」に驚いたという。「もっと多いかと思っていました。しかし、私たちの参加者のほとんどは、ゲームと身体活動の練習の間でバランスの取れた生活をしており、非中毒性でした」。

その結果、睡眠の質が低いにもかかわらず、熱心なゲーマーは、定期的な身体活動、ゲーム中の健康的な食生活、ほとんど問題のないゲーム行動など、健康的なライフスタイルを送っていることがわかった。

「結果、ほとんどのプレイヤーが1日あたり0~4時間ビデオゲームをプレイしていることがわかりました。これらの結果は、非常に熱心なゲーマーは週に7時間~20時間プレイする傾向があると報告した先行研究と一致しているようです」。と、研究者らは述べている。

しかし、参加者の約半数は、心理的幸福感尺度(Scales of Psychological Well-being)で示されるように、心理的幸福感が低かった事も明らかになった。

しかし、1日あたり5時間以上が他の活動のためにコンピュータを使用しており、これはプレイヤーがゲーム以外の活動や仕事・勉強に関連する活動にスクリーンタイムを費やしていることを意味している。ただし、この結果は、ポルトガルでの新型コロナウイルス感染症のパンデミック規制の最後の数カ月に収集されたデータであるため、デジタル機器の使用時間が増えた可能性があり、その点は注意してみる必要があるだろう。

全体として、著者らは次のように報告している。「この研究に参加した熱心なゲーマーは、健康的なゲームパターンを示し、この質問票を用いて報告されたIGDの症例は3例のみで、全サンプルを考慮すると有意ではなかった」。

「さらに、サンプルのほとんどが、モバイルなどの他のプラットフォームよりも、ゲーム機やパソコンでゲーム(FIFA、Counter-Strike、League of Legends、Call of Duty)をプレイしていると報告している」。

また、ゲームに熱中しているゲーマーのほとんどが、ゲーム中に超加工スナック(ファーストフード、グミ、ロリポップ、チューインガム)を摂取していないことも示された。ほとんどの参加者は、エナジードリンクも摂取していなかった。これは、この問題に関する既存の文献の証拠とはまったく対照的である。ただし、参加者のかなりの割合(60.4%)がコーヒーを飲むと回答し、中には毎日4杯飲む人もいた。カフェインの摂取量が多いことから、カフェイン摂取のタイミングが後述する睡眠に影響を与えている可能性がある。

これに関して、比較的健康的な食習慣が見られる理由としては、参加者が報告した身体活動への参加によっても説明できるかもしれない。

調査の結果、プレイヤーの65パーセントが身体活動を行っていると報告し、約39パーセントがチームスポーツ(サッカー、ハンドボール、バレーボールなど)に参加し、28パーセントがレジスタンストレーニングを定期的に行い、さらに22パーセントが個人スポーツ(ランニング、サイクリング、水泳)に参加していた。さらに6%が格闘技をやっていると答えた。

問題は睡眠への影響

しかし、睡眠の問題は顕著に示された。参加者は全体的に健康的なライフスタイルを維持していたが、唯一睡眠に関して、ゲーマーのほとんどが問題を抱えていた。これは、ゲーマーが規則正しい睡眠習慣を維持し、良い睡眠衛生を実践することよりも、プレイすることを優先しているためである可能性がある。さらに、夕方に画面の光を浴びると、体の概日リズムが乱れる可能性がある。また、カフェイン摂取のタイミングが睡眠に影響を与えている可能性もありそうだ。

とはいえ、この研究は、熱心なゲーマーに対するレッテル貼りに一石を投じるものであり、ゲームがいかに病的な問題になりうるかを調査するために、さらに多くのことを行う必要があることを示している。

「COVID-19の世界的大流行後にこれらの知見を評価し、栄養、身体運動、睡眠パターンとゲームの間の可能性のある相関関係をさらに調査するための今後の研究が保証される」と、著者らは結論づけている。


論文

参考文献

研究の要旨

目的

問題のあるゲームパターンは、精神障害や、運動不足、栄養習慣、睡眠パターンを特徴とする不健康な生活パターンと関連している。そのため、インターネットゲーム障害を含むこれらの健康問題や健康パターンの有病率を評価することで、ポルトガルの熱心なゲーマーを特徴づけることを目的とした。

調査方法

オンライン(メーリングリストとソーシャルメディア)で募集した235人のゲーマー(83.3%男性)のサンプルが、社会人口統計学的情報と健康情報、ゲームと栄養習慣、身体活動パターン、睡眠衛生、精神衛生を評価するためのオンラインアンケートに参加した。

結果

熱心なゲーマーの平均プレイ時間は3.5時間/日(SD = 2.1)、その他のスクリーン関連活動は5.5時間/日(SD = 3.0)であった。ゲーム中にスナック菓子は食べないという回答が多かった。身体活動の実践は63.8%のプレーヤーで観察された。ほとんどの参加者(66.3%)は睡眠の質が悪く、「中程度に、そして確実に夜型」(60.4%)であった。ゲーマーのIGDスコアは低く、報告された症例はわずか3例であり、ゲーマーの半数は心理的幸福感が良好であると報告した。BSIスコアの平均は1.6(SD=0.6)で、カットオフポイントの1.7に近かった。

結論

ポルトガルのゲーマーに睡眠の質の低さが観察された。にもかかわらず、ゲーマーは、定期的な身体活動、ゲーム時間中の健康的な食事、問題のないゲーム行動からなる健康的なライフスタイルを示し、情緒的に健康なプロフィールと幸福状態を示しているようである。今後の研究では、これらの変数をより詳細に分析し、相関関係の可能性をさらに探る必要がある。

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share!!

スポンサーリンク

執筆者
Photo of author

masapoco

TEXAL管理人。中学生の時にWindows95を使っていたくらいの年齢。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題が得意だが、テクノロジー関係の話題も大好き。最近は半導体関連に特に興味あり。アニメ・ゲーム・文学も好き。最近の推しは、アニメ『サマータイムレンダ』

記事一覧を見る

コメントする

CAPTCHA