Intel、最大120Gbpsを実現する次世代「Thunderbolt 5」を発表

masapoco
投稿日 2023年9月13日 9:09
newsroom tbt5 splash.rendition.intel .web .1920.1080

IntelはThunderboltデータ転送およびディスプレイ規格の次世代バージョンとなる、「Thunderbolt 5」を正式に発表した。新しいThunderbolt 5テクノロジーは、現行のThunderbolt 4規格と比較して、スピードと容量の大幅な向上を約束する。

Thunderbolt 5:技術的詳細

USB4 v2の仕様が公開されてから約1年が経過した。そのため、技術的な面におけるThunderbolt 5の性能は秘密と言うほどのものではない。Intel自身も昨年、そのほとんどを明らかにしていた

既に明らかになっていたThunderbolt 5の技術的な特徴としては、以下のものあった:

  • PCIe Gen4 x4サポート(64Gbps全二重)
  • DisplayPort 2.1のサポート(最大80Gbps)
  • 通常の80Gbps送信/80Gbps受信に加え、非対称動作(120Gbps送信/40Gbps受信)をサポート
  • PAM3(3レベルのパルス振幅変調)の使用により、各クロック・サイクルでより多くのデータ転送が可能

本日の発表では、Thunderbolt 4に基づき、さらにいくつかの追加された機能の詳細が発表された。それが以下の物だ:

  • デュアル6Kモニターをサポートする必須要件
  • 140Wの充電用PDを強制的にサポート(オプションで240Wまで対応可能
  • Thunderboltネットワーク帯域幅の倍増(10Gbps全二重から20Gbps全二重へ)
  • 既存の1mまでのThunderbolt 3ケーブルでも新しい速度に対応可能

Thunderbolt 5は、最大240Wのパワーデリバリー(USB-PD EPR仕様)にも対応している。これは、Thunderbolt 5ドックに接続する(そしてドックを電源として利用する)ゲーミングノートPCや電力を大量に消費するシステムにとって有用だ。しかし、これはオプション機能であり、プレミアムThunderbolt 5周辺機器にのみ搭載される可能性が高い。利用可能な帯域幅の増加に関連する強制的な機能は、高リフレッシュレートの高解像度モニタのサポート、PCIe Gen4 x4リンクによる外付けSSDやeGFXのサポートにつながる。


サンダーボルト5
サンダーボルト 4USB4USB3.2
データ転送速度最大120Gbps最大80Gbps最低 20 Gbps、40 Gbps はオプションです。USB4 バージョン 2.0 では 120 Gbps はオプション5 Gbps (Gen 1)、10 Gbps (Gen 2)、または 20 Gbps (Gen 2×2)
PCビデオ要件デュアル6Kデュアル4Kモニター 1 台モニター 1 台
PC データ要件PCIe: 64Gbps
USB 3: 10Gbps
PCIe: 32Gbps
USB 3: 10Gbps
USB3:10GbpsUSB3:5Gbps
1ポートでの最大出力最大 140 W まで必要、最大 240 W まで利用可能最大 100 W まで必要、最大 140 W まで利用可能最大240Wまで使用可能最大240Wまで使用可能
Thunderboltドックに接続している場合のPCのスリープ解除機能はいはいいいえいいえ
アクセサリ用の最小 PC ポート電力15W15W7.5W4.5W
PC間のネットワーク転送速度64Gbps32Gbps該当なし該当なし
Intel VT-dベースのDMA保護の要不要はいはいいいえいいえ

Barlow Ridge Thunderbolt 5コントローラ・ファミリー

IntelはThunderbolt 5をまずディスクリートシリコンで市場に投入する。Barlow Ridgeファミリーには、ホストとアクセサリの両方のコントローラが含まれる。アクセサリ用のシリコンは、アップストリームに1つ、ダウンストリームに3つのThunderbolt 5ポートを備えている。コンピュータ用のコントローラは、ホストとのインターフェイスにPCIe Gen4 x4リンクとともにDisplayPort 2.1入力を取り込む。

パッケージサイズやTDPといったBarlow Ridgeの技術的側面は、今後数ヶ月のうちに公開される予定だ。Intelは、Thunderbolt 5を搭載したコンピュータとアクセサリが2024年に発売されることを期待している。技術資料やその他の開発者向けリソースは2023年第4四半期に利用可能になる予定だ。

本日発表されたThunderbolt 5の詳細から、ThunderboltポートがType-Cであり続けることは明らかだ。私たちは、いくつかのオプション機能(USB3 20Gのサポートなど)が義務化されることを望んでいるが、Thunderbolt 5の他のエキサイティングなアップデートにより、消費者はそれを簡単に見過ごすかもしれない。いずれにせよ、最近のUSB4/Thunderbolt 4の実装では、この規格がサポートされているので、少なくとも一部のThunderbolt 5ホストポートもこの規格をサポートすることになるだろう。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です