あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Sony、ストリーミング専用の携帯型「PlayStation Portal」を29,980円で今年後半発売

Sonyは5月に新たな携帯ゲーム機「Project Q」を予告していたが、本日、その正式名称が「PlayStation Portal」である事、価格が29,980円で今年後半に発売されることを明らかにした。

ただし、PlayStation PortalはPlayStation 5からリモートプレイでストリーミングされたゲームしか動かせず、それ以外の用途には全く使えない点には注意が必要だ。

playstation portal 1

5月に発表されたProject Qは、基本的にPS5のコントローラー(タッチパッド、ハプティクスなど)を8インチの1080p液晶で真ん中に分割したものだ。すでにPS Now経由でストリーミング配信されているゲームやVRゲームには対応していないが、Wi-Fi経由で画像をストリーミング配信することで、PS5が持っているあらゆるゲームを60fpsでプレイできる。もちろん、自宅以外のPS5と繋がっていない環境である電車や飛行機でのプレイできない。

Wii Uと同様、他の誰かがテレビを使っている場合や、何らかの理由で寝室やキッチンでプレイしたい場合のアイデアだ。ただし、Wii Uとは異なり、非対称のマルチプレイや、ゲームプレイでポータルを特別なコントローラーとして使うことは示唆されていない。

playstation portal 2

PlayStation Portal自体にはローカルでゲームを実行するパワーはないため、少なくとも5Mbpsの帯域幅を持つWi-Fi接続が必要だ。Sonyは、最高の体験のために15Mbpsを推奨している。論理的にはクラウドからゲームをストリーミングできるはずだが、Sonyのストリーミング・サービスには対応していない。PS5と同じWi-Fiネットワーク上にいる必要がある。

IGNがポータルのリモートプレイ機能を試したところ、検出可能な遅延はなく、非常にうまく動作することがわかった。クラウドからのゲームストリーミングには、少なくとも多少の遅延がつきものだ。効率的なビデオエンコーディングとデータルーティングによって遅延を抑えることはできるが、ローカルネットワーク上でのレンダリングやストリーミングほど高速にはならない。ポータルは、PS5からメディアをストリーミングすることもできる。

PlayStation Portalには、なぜかBluetoothが搭載されていないようだ。Sonyはその代わりに、PlayStationアクセサリーに限定された独自の通信規格「PlayStation Link」テクノロジーを採用した。Sonyは、ロスレスオーディオと低遅延でPlayStation Linkをサポートする新しいイヤホン「Pluse Explore」とヘッドホン「Pulse Elite」も合わせて発表している。Portalのために高価なオーディオ機器を買うのが嫌なら、3.5mmジャックの有線接続が可能だ。

SonyはPlayStation Portalの具体的な発売日を決定していないが、今年中に発売する予定だ。希望小売価格が29,980円。いつもテレビの前に座ってプレイする時間がない多忙なゲーマーにとっては、PS5のアドオンとして最適かもしれない。外出先でプレイしたり、PlayStation 5にないゲームにアクセスしたいのであれば、Steam Deckの代わりにはならないだろう。

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share!!

スポンサーリンク

おすすめ記事

執筆者
Photo of author

masapoco

TEXAL管理人。中学生の時にWindows95を使っていたくらいの年齢。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題が得意だが、テクノロジー関係の話題も大好き。最近は半導体関連に特に興味あり。アニメ・ゲーム・文学も好き。最近の推しは、アニメ『サマータイムレンダ』

記事一覧を見る

コメントする

CAPTCHA