あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Qualcommは、携帯ゲームデバイス向けチップ「Snapdragon Gシリーズ」に数多くのラインナップを追加し、人気の高まっているこの分野へ注力することを明らかにした。

Snapdragonチップは、多くのAndroidスマートフォンに採用されているが、そのうちの1つは、日常的な作業とゲームの両方で利用できる性能を誇る。そして近年、ゲームに特化したスマートフォンや携帯ゲーム機が登場し、ゲームの側面がより重視されている。

昨年、Snapdragon G3x Gen 1を搭載したAndroid搭載携帯ゲーム機としてRazer Edgeが発表された。それ以来、このチップを搭載した他のゲーム機は発表されていなかったが、Qualcommはこの分野に新たに多くのチップを投入することを明らかにしている。ラインナップは以下の通りだ:

  • Snapdragon G1:ローカルまたはクラウドからゲームをストリーミングすることを主な目的とした、ファンレス携帯ゲーム機向けに設計されたエントリーレベルのモデルだ。Qualcommは、「遅延のない接続性」と、長時間のゲームセッションに対応する堅牢なバッテリ寿命を約束している。Snapdragon G1は、8個のQualcomm KryoコアとAdreno A11 GPUを搭載したSnapdragon G1 Gen 1プラットフォームに基づいて構築されている。
  • Snapdragon G2:「フル機能」のモバイルゲームおよびクラウドストリーミング向けチップとなる。このプロセッサは、8個のKryo CPUコアとAdreno A21グラフィックスを搭載した「プレミアムモバイルおよびクラウドゲーミング」向けの、より高度なSnapdragon G2 Gen 2 Platformをベースにしている。Snapdragon G2は、Snapdragon X62モデムにより5Gもサポートしている。
  • Snapdragon G3:最高の機能と性能レベルを求めるエンスージアスト向けのフラッグシップモデルである。Snapdragon G3x Gen 2プラットフォーム(8つのKryoコアとAdreno A32 GPU)をベースに構築されたSnapdragon G3は、前モデルと比較してCPUが30%以上、GPUが2倍以上高速化されている。その他の機能としては、5Gサポート(sub-6およびmmWave)、ハードウェアアクセラレーテッド・レイトレーシング、ゲーム超解像、低遅延Bluetooth、Wi-Fi 7がある。

Qualcommの製品管理担当シニアディレクタ、Mithun Chandrasekhar氏は次のように述べてる。「専用の携帯ゲーム機は、モバイルゲームを体験する最良の方法です。しかし、ゲーマーは、コンソール、PC、クラウドサービスなど、デバイスやエコシステムを問わず、お気に入りのゲームをすべてプレイできることを望んでいます。新世代のSnapdragon Gシリーズ搭載デバイスは、ゲーマーがお気に入りのタイトルをプレイするための最高の場所となり、外出先でクラウド、コンソール、Android、PCから選択できるようになります」。

Qualcommによると、新しいプロセッサは現在パートナー向けに提供されているようだ。ユーザーはまもなくこれらを搭載したデバイスが発表されることが期待できる。AyaNeo社、Huaqin社、Inventec社、Thundercomm社などが、Snapdragon Gシリーズを搭載したハンドヘルドコンソールの開発に取り組んでいるようだ。

AyaNeoは、Windowsと競合するSteam Deckを開発したブランドで、本日、G3x Gen 2を使用すると思われるAndroid搭載携帯機のティーザーを発表している。


Sources

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

コメントする