NVIDIA、AI特需により前年同期比8倍の利益を上げる

masapoco
投稿日 2023年8月24日 6:58
nvidia gh200 grace hopper superchip platform

NVIDIAは本日、2023年第2四半期決算を発表した。同社は、生成AI向けGPU製品を含むデータセンター事業のおかげで、同四半期の売上高が135億1000万ドルに達したと発表した。これは、前年同期の売上高67億400万ドルの2倍という驚異的な数字となる。

NVIDIAの2023年第2四半期の純利益は61億8800万ドルとなった。これは、前年同期の純利益6億5600万ドルから843%の増加だ。このニュースは投資家に好評で、株価は時間外取引で約8%上昇した。

Microsoftのような世界中のAIに注力している企業がA100やH100のようなNVIDIAのAI GPUを使用する必要性があり、その需要はかつてないほどになっている。データセンター部門の売上高は103億2000万ドル。これは前年同期比で171%増だ。

NVIDIAのJensen Huang CEOは声明の中で次のように述べている:

当四半期中、大手クラウドサービスプロバイダーが大規模なNVIDIA H100 AIインフラを発表した。大手企業のITシステムおよびソフトウェア・プロバイダは、NVIDIAのAIをあらゆる産業に導入するためのパートナーシップを発表しました。生成的AIを採用するための競争が始まっている。

NVIDIAのゲーム部門の当四半期の売上高は24億9,000万ドルで、前年同期比で22%増となった。祖業とも言えるゲーム部門が好調であるが、データセンター部門の活躍にその成果がかすんでしまっている。

NVIDIAは、生成AIブームがすぐに終了することはないと見ている。「前四半期の成長は、主にデータセンターが牽引すると予想しています」と、 Colette Kress CFOは決算説明会で述べた。同社は現在、2023年第3四半期に160億ドルの収益をもたらすと予測している。

同社の次のAIチップであるGH200は2024年半ばに価格未公開で登場するため、来四半期の需要はやはり既存のAIチップになるだろう。「今後数四半期にわたる供給は、サイクルタイムを短縮し、供給パートナーと協力してキャパシティを追加するため、引き続き急増するでしょう。NVIDIAのL40 GPUは、多くの種類のワークロードに対する需要の増大に対応するのに役立つ」と、Kress氏は述べた。

NVIDIAの主要ライバルであるIntelとAMDは、NVIDIAのAIチップの明確な対抗馬を用意できていない。AMDのMI300は、早ければ第4四半期に登場し始め、2024年初頭に配備されるかもしれない。AMDとIntelの両社はまた、クラウド上のサーバーにAIチップを搭載することの重要性を少なくとも一時的に軽視しようとしており、両社の最高経営責任者はクライアントチップにもAI機能を搭載することを約束している。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です