サーバーの移行が完了致しました。移行中は度々の障害によりアクセス出来ずご迷惑をおかけ致しました。

イーロン・マスク氏がTwitterを正式に買収、まずは最高幹部4人を解雇

紆余曲折を経て、Elon Musk(イーロン・マスク)氏がTwitter(ツイッター)の買収を正式に完了した。洗面台を伴って現れた彼が最初に行った事は、「掃除」だった。

今秋に入り、Musk氏は数ヶ月前から宙に浮いていたTwitterの買収を進め始めた。同氏は、株式と債券による465億ドルの融資を約束し、買収価格と買収完了までの費用を負担する。

そして昨日、ソーシャルメディアプラットフォームを買収するための取引を完了させたのだ。

しかし、権力の移譲は平穏なものではなかった。The New York Times紙によると、前CEOのParag Agrawal(パラグ・アグラワル)氏、前CFOのNed Segal(ネッド・セガル)氏、前政策担当役員のVijaya Gadde(ビジャヤ・ガデ)氏、前相談役のSean Edgett(ショーン・エッジット)氏を含む4人のトップが解雇されたのだ。

匿名の情報筋が同紙に語ったところによると、幹部のうち少なくとも1人はTwitterのオフィスから追い出されたそうだ。

Musk氏は、Twitterの運営コストを抑えるために、以前報じられていた75%程ではないにしても、大幅な人員削減が必要になる可能性もあると主張している。

また、同氏がTwitterを買収したのは、「X」と呼ばれる「何でもありのアプリ」に変身させることを目論んでいるからとのことだが、それがなんなのかは不明だ。

彼は投資家に対し、Twitterは2028年までに年間売上高264億ドル、ユーザー数9億3千万人以上に達すると語っている。ちなみに、2021年、Twitterの年間売上高は50億ドル強、ユーザー数は約2億人だった。

今後、同氏がTwitterをどのように変化させていくのか興味深いが、恐らく今後も多くの話題を提供してくれることだろう。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする